約1週間後にはプロジェクト終了! ORTHODOXY(オーソドキシー)の先行販売モデルをチェックしてみた

 現在、弊社で運営している時計専門クラウドファンディングサイト“WATCHMakers(ウオッチメーカーズ)”で掲載している、信州発の日本製腕時計ブランドAzusa(アズサ)、ORTHODOXY(オーソドキシー)の新モデル先行販売プロジェクトが、7月21日に終了となる。
そんななか、ORTHODOXY(オーソドキシー)の新モデルの実機を見る機会に恵まれたので、そのインプレッションをお届けしたい。

“WATCHMakers(ウオッチメーカーズ)”
信州発日本製腕時計ブランドAzusa「ORTHODOXY」こだわりのブラックモデルで日本らしさを追求
https://watchmakers.en-jine.com/projects/azusa

 どんなプロジェクトなのか、その詳細については“WATCHMakers(ウオッチメーカーズ)”のプロジェクトページを見てもらいたいのだが、そもそも、このORTHODOXY(オーソドキシー)というモデルのスゴいのポイントを抜き出してみた。

1 針と秒針の先端を職人が一つひとつ曲げて、インデックスに近づけている。視認性を高める古典的手法だが、ひと手間かかってしまうため、高級ブランドであってもコストカットのためにやらないところが少なくない。

2 搭載するムーヴメント(MIYOTAの自動巻き、Cal.9015)を職人が一つひとつ精度をチェック、調整を行い初期精度を安定させている。これにより、メーカー保証値(−10~+30秒/日)よりも高い精度を実現。

 もちろん、ほかにも魅力はいくつもあるのだが、筆者が個人的に引かれたポイントは、この2点だ。
 正直、この価格帯の機械式モデルでこうしたことをやっているところは、そう多くはない。こうしたこだわりは、やはり、長年サプライヤーとして、多くの国産メーカーの時計製造を手がけてきた製造を手がける“南安精工”らしい。

 さて、肝心のORTHODOXY(オーソドキシー)の新モデルについて見てみたい。今回の新モデルは、既存のモデルをベースにしたアップグレードバージョンだ。そのポイントは、以下の二つだ。

1 ステンレススチールケースに、傷が付きにくいダイヤモンドライクカーボン(DLC)加工を施した

2 搭載ムーヴメントのネジに、伝統的な装飾技法である“ブルースチール(青焼き)”加工を施した


 ダイヤモンドライクカーボン(DLC)加工は、大手国産メーカーや海外ブランドでも高級モデルにしか採用されていない高価なコ-ティングだ。キズの付きにくさについては、実際に長期間使ってみないとわからないが、ブラックケース仕様となったため、クールな雰囲気に仕上がっているのは間違いない。

 それよりも目を引いたのは、ムーヴメントの“ブルースチール(青焼き)”ネジだ。既存のモデルと比べるとブルースチールが程よいアクセントになっていて、高級感がグッと増している。しかもこのネジは、南安精工が自社で製造して頭を磨いた後、焼き入れを施してブルースチール(青焼き)”に仕上げているという。なかなか手の込んだ仕様だ。

こちらは既存モデルのムーヴメント。これはこれで悪くはない。

コチラが新モデルのムーヴメント。ブルースチールネジのおかげで、随分と高級な雰囲気になった感じがする

 

 そしてもう一つ、気になったのが、付属のブラックのステンレスメッシュブレスだ。このブレスもダイヤモンドライクカーボン(DLC)のブラックだが、ケースとマッチしてクールな雰囲気となっているだけでなく、指紋も付きにくい。プッシュバックル仕様ながら、サイズの微調整も容易。しかも、工具なしで簡単に交換できるイージックリック付き。これがかなり使えるのだ。

 

 プロジェクトでは、DLCケース仕様のORTHODOXY(オーソドキシー)本体に、このブラックのステンレスメッシュブレスが付くほか、クロコダイルレザーベルトまでセットになった特別リーズナブルなチケットが限定で用意されている。

 なんだか宣伝くさい内容となってしまったが、コストパフォーマンス抜群の魅力的なセットになっているのは間違いない。プロジェクト終了まで、あと約1週間。もし気になっている人は、ぜひこの機会手に入れてみてはどうだろう。普通に買うよりもお得に買える絶好の機会なので。。。

 

文◎佐藤杏輔(編集部)

 

↓↓↓プロジェクトページはコチラ↓↓↓
“WATCHMakers(ウオッチメーカーズ)”
信州発日本製腕時計ブランドAzusa「ORTHODOXY」こだわりのブラックモデルで日本らしさを追求
https://watchmakers.en-jine.com/projects/azusa

関連記事

  1. 『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』に登場する腕時計を…

  2. 激レアな限定モデル。松本零士氏の生誕80年記念モデルが誕生

  3. ORIENT STAR(オリエントスター)、幅広い世代に愛される国産機…

  4. 時計専門クラウドファンディング“ウオッチメーカーズ”が開設

  5. シチズンの電波時計、Cal.7400も「未来技術遺産」に

  6. ドイツ時計の魅力を再考する<ミューレ グラスヒュッテ>

  7. NTTドコモの“dマガジン”で、タイムギアの最新号“TIMEGear …

  8. ファーブル・ルーバがエベレスト登頂プロジェクトをサポート

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計