140年以上も続く歴史を五感で楽しむエキシビション、AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)が手がける“時計以上の何か”とは?

 スイスのル・ブラッシュで生まれた高級時計ブランドオーデマ ピゲは、2019年10月19日(土)から11月4日(月)まで、東京ミッドタウンの芝生広場で“時計以上の何か”と題したエキシビションを開催する。

 このオーデマ ピゲが受け継ぐ地理的、文化的、歴史的遺産を感性で巡る旅は、東京ミッドタウンが“デザインを五感で楽しむ”をコンセプトに毎年開催し、今年で13回目を迎える“Tokyo Midtown DESIGN TOUCH”の一環として行われるものだ。

 エキシビションの“時計以上の何か”では、型破りなトレンドを生み出すために新たな技術や技法の研鑽を重ね、職人技の追求を続けるオーデマ ピゲの職人たちのストーリーを紹介する。

 デザイン、科学、アートや技術を革新的に融合させたデザンが得意なマティユー・ルアヌール氏の着想をもとに、風景写真家のダン・ホールズワースや電子音楽作曲家でビジュアルアーティストの池田亮司、インスタレーション・アーティストのアレクサンドル・ジョリーらのアート作品で彩られるエキシビションは、コンテンポラリーアートやデザインというレンズを通してマニュファクチュールの故郷や職人技、そして時の複雑性を視覚化する。

 今回のエキシビションでは、オーデマ ピゲ・ヘリテージコレクションから厳選された歴史的に価値のあるヴィンテージウオッチから現行モデルまで150本以上の時計が展示されるとともに、スイス・ジュラ山脈にある人里離れたジュウ渓谷で創業された1875年から、最新コレクション“Code 11.59 バイ オーデマ ピゲ”の発表まで、144年以上続くマニュファクチュールの歴史を紹介する。

 

 

 時計の円環を思わせるブロンズで仕上げられたリング状の展示スペースには12の部屋が設けられ、数々の世界初の記録を含む、オーデマ ピゲのマイルストーンの数々が紹介されている。

 エキシビションでは、1875年にジュール=ルイ・オーデマの時計学校の卒業制作でつくられた懐中時計を含め、クロノグラフ、チャイミング、アストロノミカルなどの複雑機構を搭載したユニークな逸品も数多く展示される予定だ。

 

 “To break the rules, you must first master them.”
 型を極める。型を壊すために。

【開催概要】
期間 :2019年10月19日(土)から11月4日(月・振休)
場所 :東京ミッドタウン 芝生広場
入場料 :無料(予約は特設サイトから9月初旬より開始予定)

 

【AUDEMARS PIGUET(オーデマ ピゲ)について】
 オーデマ ピゲは、いまなお創業者一族(オーデマ家、ピゲ家)によって経営される歴史ある高級時計ブランドのひとつ。1875年以来、数々の世界初となる記録を含む、オートオルロジュリーの歴史の重要なページが記し続けられてきた。スイス・ジュラ山脈に抱かれたジュウ渓谷で、大胆なスポーティーモデル、クラシックやトラディショナルなモデル、女性用ジュエリーウオッチ、ひとつしか存在しない名品など、時計学の粋を極めた数々の厳選されたマスターピースが制作されている。

 1972年に発表された有名な八角形のベゼルを持つロイヤル オークは、初めてのステンレススチール製のラグジュアリーウオッチであり、ウオッチメイキングにおけるもっとも重要なイノベーションのひとつとして、広く知られている有名なコレクションだ。

 

【オーデマ ピゲのアートへの取り組み】
 オーデマ ピゲは、複雑性と正確性というテーマとともにブランドの故郷を紐解く作品制作をアーティストに委託することで、コンテンポラリーアートとオートオルロジュリーとの創造的な対話を育んでいる。

 2012年以来、オーデマピゲはクルト・ヘントシュラーガー、ダン・ホールズワース, 池田亮司、ラーズ・ジャン、アレクサンドル・ジョリー、テオ・ヤンセン、Kolkoz、ケオラ、ロバン・マイヤー、程然(チェン・ラン)、アリン・ルンジャーン、トマス・サラセーノ、Semiconductor、ジャナ・ウィンダレン、孫遜(スン・シュン)らと素晴らしい交流を行ってきた。

 オーデマ ピゲは13年にアート・バーゼルとパートナーシップを結び、香港、バーゼル、そしてマイアミビーチで開催される世界有数のコンテンポラリーアートショーにおいて、アーティストを招聘し、ブランドが受け継いできた遺産や故郷をクリエイティブに解釈し制作された、革新的なアートプロジェクトやラウンジデザインを発表していつ。展示作品や展示スペースには、オーデマ ピゲの深く根付いた歴史や自然との繋がり、創造性や革新性、独立性へのこだわりに対する思いが反映されている。

 アートへの取り組みを追求する中で、オーデマピゲは14年にアート・コミッションを設立した。コミッション作品では、招聘されたアーティストとキュレーターがペアとなり、複雑性と正確性というテーマを掘り下げるプロジェクトを発表している。オーデマ ピゲは招聘されたアーティストに、財政面での支援だけでなく、時に複雑な工学や技術、科学や環境への配慮も考慮した、作品制作に必要とされる専門的な技巧や道具の提供も行っている。

 オーデマ ピゲはブランドの職人技や革新的な精神と共鳴する有名アーティストとの特別プロジェクトも、数多く制作、発表しているのだ。

 

【Tokyo Midtown DESIGN TOUCHについて】
 2006年から始まり今年で13回目の開催を迎える、六本木の東京ミッドタウンで毎年行われるデザインイベント。2017年からは“国内外の第一線で活躍するデザイナーや国内外で注目されるデザインが集結しデザインの魅力や可能性を身近に体感できるデザインの祭典”をコンセプトにし、さらなる進化を続けている。

 

【問い合わせ先】
オーデマ ピゲ ジャパン
https://www.audemarspiguet.com/ja

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 公式サイト
https://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch

オススメ記事

  1. 予約殺到! “オーデマ ピゲ”開催の最新デジタルアート体験が10月末…

  2. メルセデス・ベンツのレンタル体験が当たる!? “ツェッペリン”が開催す…

  3. 【ヴェンペの最新コレクションを買うならいま!】シェルマン各店で、“アイ…

  4. GPHG2019開催! 栄えある最優秀賞は世界3大時計のあのブランドが…

  5. 人気イラストレーター、FACE(フェイス)とご対面!? ベルギーの時…

  6. モーリス・ラクロアのリアル宝探しが好評につき続編決定!

  7. 【知られざるフランスの老舗】“BERTHET(ベルテ)”が最新モデル“…

  8. 【自然素材からつくられたベルト!?】スカーゲンの新コレクション、“アー…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計