クロノグラフに見えますが、実はこれ二つの時間を表示するGMTウオッチなんです!

ボタンを押すだけで簡単セット。セカンドタイムゾーンを瞬時に表示するスグレモノ

 ポルシェデザインの1919コレクションといえば、ラグ部分が大きく空洞になった独特のスタイルを持ち、まるで高い空力特性を備えたポルシェ911に通ずる非常に洗練されたデザインの人気のコレクションだ。そんな同コレクションの最新作として、9月に発売されるという“1919グローブタイマー UTC”が実におもしろい。

 名前に“ UTC”とあることからもおわかりのように、このモデルは二つの時刻を同時に表示するGMT機能に加えて、ポインター式のデイト表示を備えた多機能モデルである。しかも注目なのが、ケースサイド右側のリューズの上下にプッシュボタンを備えている点だ。一見するとクロノグラフかと思ってしまう独創的なスタイルを持つ。

プッシュボタンのトップにはプラスとマイナスの記号が刻印されている。プラスボタンを1回押すごとに1時間ずつ時針を進め(右回り)、マイナスボタンが1時間ずつ時針を戻す。とても簡単で便利な仕組みだ

 実はこれが時針だけを単独で動かすことができる操作ボタンなのである。上が時差分時間を進めるとき、下が時間を戻すときに使う。つまり、通常のGMTウオッチと違い、リューズを引いてから操作する煩わしさがないうえに、着けたままでも設定を行える、なかなかのスグレモノなのだ。

 先端がブルーの副時針(GMT針とも呼ぶ)が24時間で1周。常にホームタイム(本拠とする国の時刻)の現在の時間帯を文字盤外周に配された1〜24の目盛りを指し示して知らせる。また、9時位置中央寄りにある小さな丸窓はデイ&ナイト表示。時分針が指し示すセカンドタイムゾーン(現地時刻)の現在時刻が昼なのか夜なのかをこれで確認することができる。ちなみに、昼が白で夜になると黒に変わる。

裏ブタにはロンドンを基準にした主要24都市の時差がひと目でわかるようにUTC表示が刻印されている

 搭載するのは、スイス・セリタ社のSW200をベーズに独自に改良を加えた新型キャリバー、Werk 04.110。COSCクロノメーター認定の高精度な自動巻きムーヴメントだ。タイムゾーン機能にはポルシェデザインが設計し、デュボア・デプラ社が開発したという特殊なモジュールが使われている。

 文字盤は写真のブラックのほかに、ブルーとブラウンの3色、素材はチタンケースと18金イエローゴールド(ブラック文字盤のみ)がラインナップする。

文◎菊地吉正(編集部)/ノーブルスタイリング TEL.03-6277-1604

モデル名:1919グローブタイマー UTC
ケース素材:チタニウムベルト
素材:カーフスキン
サイズ:ケース径42mm、ケース厚14.90mm
防水性:10気圧防水
ムーヴメント:自動巻き(Cal. Werk 04.110/セリタ200ベース/毎時2万8800振動/パワーリザーブ38時間)
機能:時・分表示、ポインター式日付け表示、デイ&ナイト表示、セカンドタイム表示
税抜き価格:88万円

関連記事

  1. 日本で独占先行発売中! DAN HENRY(ダン・ヘンリー)の大人気モ…

  2. 60年代に人気を博した“ラドー”の名作ダイバーズウォッチが限定仕様で復…

  3. 人気のアイコンオートマティックコレクションにブロンズ限定モデルが登場

  4. フランスの時計ブランド“リップ”が、50年代のレトロなクロノグラフを復…

  5. ランゲ1のアニバーサリーエディション第3弾

  6. ドイツの時計ブランド“ドゥッファ”からバウハウス100周年記念モデルが…

  7. 70年代に大流行、レトロだけど新しい温故知新の“変形”ケースが面白い!…

  8. 知る人ぞ知る名品。CAMPANOLA(カンパノラ)の天体時計“コスモサ…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計