JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)、新作をヴェネツィア国際映画祭にて発表

 JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)は、新作の“マスター・グランド・トラディション・トゥールビヨン・セレスト”を、2019年8月28日から9月7日まで開催される、世界で最も長い歴史を誇る第76回目のヴェネツィア国際映画祭の期間中に発表する。

 2019年は、ジャガー・ルクルトにとって映画界で最も権威あるイベントのひとつ、ヴェネツィア国際映画祭とのパートナーシップが15周年を迎えるという記念すべき年となる。ジャガー・ルクルトは同映画祭のメインスポンサーを10年以上にわたって務めているが、現代映画に多大な貢献を果たした著名人に贈られるジャガー・ルクルトの“監督・ばんざい!賞”の授与が特に周知されている。

 “最高の映画とは、平凡な日常を見直し、暮らしを芸術へと昇華させるものだ”。そのアプローチに則り、ジャガー・ルクルトの“マスター・グランド・トラディション・トゥールビヨン・セレスト”には、23時間56分4秒かけて文字盤を一回転するオービタル・フライングトゥールビヨンが搭載され、時間そのものについての独特の観点が盛り込まれている。この特別な計時の単位は1恒星日の長さであり、太陽ではなく、遥か彼方の星から算出される。

 文字盤自体には北半球の夜空が描かれ、アウターリングに囲まれた黄道十二宮にはそれぞれのシンボルマークが表示されている。フライングトゥールビヨンの軌道を越えているように見える小さなゴールドのインデックスは、文字盤の周りを1年かけて1周。回転の内側の部分には、古代の星座カレンダーの表示が施されている。

 “マスター・グランド・トラディション・トゥールビヨン・セレスト”の今回のモデルがこれまでのモデルと異なる点は、コンテンポラリーで印象的な新しいデザインにある。
 文字盤のテクスチャーや表示機能に関しては、一見するとシンプルになった印象だが、実は微かな光がある時だけに見える別の表情がある。それはスーパールミノヴァが塗布されたインデックスと星座で、澄んだ夜空に輝く天体の光を思わせるデザインだ。

 エレガントで現代的なケースは、新世代のケースデザインの一環として今年1月に発表した“マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン・ウェストミンスター・パーペチュアル”に採用されたもので、その中には334の部品から成るジャガー・ルクルト製キャリバー946が搭載されている。

 表面のテクスチャー感は、サテン仕上げからマイクロブラスト加工や鏡面仕上げまで、さまざまな技法が43㎜のホワイトゴールド製ケースの中で融合し、文字盤のディープブルーや、絶えず打刻しているゴールド製バランスホイールのローズ系カラーを美しく引き立てている。

 機械的でありながら美しさも持ち合わせた“マスター・グランド・トラディション・トゥールビヨン・セレスト”は、日常生活のリズムだけではなく、宇宙の動きをも同時にとらえる非常に珍しいタイムピースだ。

極上の世界との親和性
 ジャガー・ルクルトは、1833年にル・サンティエで創業以来、高級腕時計の幅広い分野で他に類のない高度な専門技術を考案してきた。ジャガー・ルクルトでは今日も、ジュウ渓谷の工房内で数十年以上にわたり磨き抜かれ、自社内での技術革新により改良が重ねられてきた180もの時計製造と時計関連のスキルが実践に生かされている。

 “マスター・グランド・トラディション・トゥールビヨン・セレスト”に搭載されているオービタル・フライングトゥールビヨンは、2010年の“マスター・グランド・トラディション・グランド・コンプリケーション”で初めて披露された。このモデルは、ジャガー・ルクルトのサヴォアフェール(ノウハウ)の証となるチャイム機能の傑作であり、ハイコンプリケーション時計の拡大に貢献している。

 さらに、フライングトゥールビヨンはジャガー・ルクルトが誇る機械式腕時計のもうひとつの優れた分野、つまり恒星時の表示機能とも独自に組み合わせられ、ジャガー・ルクルトの男性用コレクションや女性用コレクションに採用されている。


技術仕様:
サイズ:直径43㎜
キャリバー:機械式手巻ムーヴメント、ジャガー・ルクルト製キャリバー 946
機能:時/分表示、星座カレンダー表示、24時間標準時、月表示、オービタル・トゥールビヨン、天空表、24時間表示
パワーリザーブ:約45時間
ケース:ホワイトゴールド
文字盤:ディープブルーにスーパールミノヴァ™を塗布した天体が夜間に発光
防水性:50m
ケースバック:オープン
リファレンス:Q5273480
限定28本

【ジャガー・ルクルト】

 創設以来、ジャガー・ルクルトは正確さを完全な芸術へと昇華させ、高度なノウハウと芸術的センス、精密化と精巧な外観美の完璧な均衡を見出した。1833年より培われた発明精神に忠実に、マニュファクチュールの職人たちは最先端の高級時計コレクションを創造している。

 レベルソ、マスター、ジャガー・ルクルト ポラリス、ランデヴー、そしてアトモス……。グランド・メゾンとして名高いジャガー・ルクルトが時の流れとともに築き上げた豊かな遺産は、絶え間ないインスピレーションの源となり、前例のないタイムピースを生みだすことで、時計製造の限界を押し広げていく。

【問い合わせ】

ジャガー・ルクルト 公式サイト
www.jaeger-lecoultre.com

オススメ記事

  1. ゼニスとバンフォード ウオッチがコラボ! 初のブティック特別エディショ…

  2. 機械式でなんと5万円以下! シチズンコレクションからクラシカルな雰囲気…

  3. ゲリラ豪雨でもガンガン使える、“モレラート”の新作ラバーベルト

  4. 70年代のダイバーズからインスパイアされたSPINNAKER(スピニカ…

  5. この季節にピッタリ! ジャパンブランド“タックス”から春をイメージした…

  6. 【祝ミドー オーシャンスター75周年】ダイブイベントで1960年代のダ…

  7. 【ケースにグラスファイバーを採用】FRANCK MULLER(フランク…

  8. ジュエリー職人によるカスタムオーダー腕時計Custo Wa(カストヴァ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計