ランゲ1の25thアニバーサリーコレクション第9作目は小振りなムーンフェイズモデル

 2019年9月5日(現地時間)からロンドン近郊のハンプトンコート宮殿の広大な庭園で開催される、クラシックカーの祭典“コンクール・オブ・エレガンス”。同祭典でメインスポンサーを務めるA.ランゲ&ゾーネが、オープニング当日にキュー宮殿で催した晩餐会でランゲ1誕生25周年を記念した“25thアニバーサリー”コレクション第9作目を発表した。

ひと回り小さな文字盤に壮大な月のロマンを

 アニバーサリーコレクション9作目となるリトル・ランゲ1・ムーンフェイズ “25th アニバーサリー”は、通常展開されるスタンダードモデルにはないハンドエングレービング入りのホワイトゴールド製のムーンディスクで存在感をいっそう際立たせた特別仕様だ。加えて製作数はわずか25本という限定版である。

 時計界の話題をさらった1994年10月24日のランゲ1の発表に思いを馳せて製作される合計10本からなる同コレクション。シルバーカラーに仕上げたシルバー製文字盤、そして文字盤に美しく映えるブルーのプリント文字とブルースチール針を共通の特徴としている。

 さらにこのカラーコンセプトはムーヴメントのディテールにも取り入れられており、洋銀製テンプ受けには、記念すべき年にちなんで25日を示すアウトサイズデイトのレリーフ彫りを施し、エングレービングの彫り線をブルーで仕上げている。またアリゲーターベルトもダークブルーカラーだ。

 ランゲ1 ファミリーのどの手巻き式時計もそうであるように、2017年に初披露されたリトル・ランゲ 1・ムーンフェイズもオフセンターデザインの文字盤にアウトサイズデイトとパワーリザーブ表示(AUF/AB)を搭載する。 ムーンフェイズ表示は、122.6年が経過して初めて1日分の修正が必要になるという高精度を誇る。

 そして、すでに発表されているグランド・ランゲ1・ムーンフェイズ“25th アニバーサリー”と同じように、このモデルでも手彫りによる星空がムーンディスクにあしらわれた。6つの星と無数の小さな点のきらめきのなかにゴールドの月が浮かぶ空には、奥行きすら感じられる。

 また様々な研磨法と研削法を駆使し、手作業で丹念に仕上げた自社製キャリバーL121.2は、毎時2万1600振動で時を刻み、ツインバレルに3日分の動力を蓄える。

ビリトル・ランゲ1・ムーンフェイズ“25th アニバーサリー”

Ref.182.066。税抜き予価 482万円(2019年9月以降発売予定)

ケース  ホワイトゴールド
ケース径  36.8mm
文字盤  シルバー無垢
ベルト  手縫いアリゲーターベルト(ダークブルー)
防水性  日常生活防水
ムーヴメント  Cal.L121.2/手巻き
機能  時、分およびストップセコンド機能搭載スモールセコンドによる時刻表示/パワーリザーブ表示/ランゲ・アウトサイズデイト/ムーンフェイズ表示

【問い合わせ先】
A.ランゲ&ゾーネ
TEL:03-4461-8080

関連記事

  1. バーゼルワールド2019注目の新作時計 【KUDOKE(クドケ)】

  2. ランゲのスタッフが着けているモデルは?

  3. ドイツ時計の魅力を再考する<グラスヒュッテ・オリジナル>

  4. ドイツ時計の魅力を再考する<ジン>

  5. ノモスが2018年度のジュネーブ時計グランプリ「チャレンジ」部門賞を受…

  6. ジンから秋の新作情報(2モデル)が到着

  7. ドイツ時計「クドケ」が生み出すスケルトンウオッチの妙

  8. グラスヒュッテ・オリジナルの過去といま

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計