伝説的なキャリバー321が復活! 月面着陸50周年で登場する、もうひとつの希少な新作スピードマスターとは?

 先日公開したオメガの2019年新作紹介記事のなかでも取り上げているが、今年はアポロ11号の月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーである。

 オメガは、この記念すべき50周年を祝う新作として、世界限定6969本のスピードマスター アポロ11号 50周年記念 リミテッド エディション、そしてさらに希少な世界限定1014本のスピードマスター アポロ11号 50周年記念 リミテッド エディション ムーンシャインゴールドという二つのレアモデルを発表した。

 実は、さらに希少なスピードマスターの新作が発表されているのをご存じだろうか?
 その希少なスピードマスターの新作こそ、スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナである。

 かつてオメガのスピードマスターが搭載したクロノグラフムーヴメント、キャリバー321。このムーヴメントは1957年、スピードマスターのファーストモデルにも搭載された最初のムーヴメントだ。キャリバー321は、スピードマスターのST105.003をはじめ、宇宙へ行った数々のスピードマスターに搭載されていたことは、いまやファンなら、誰もが知るところとなっている。

 ちなみにスピード マスターのST105.003は、NASAの試験を唯一パスし、公式装備品として認定されたモデルで、NASAの宇宙飛行士エドワード・ホワイトが着用した。

 エドワード・ホワイトは、1965年6月3日から7日まで、ジェミニ4号で宇宙へと飛び立ち、アメリカ人で初めてとなる、宇宙船外での宇宙遊泳に成功するが、その際に身に着けていたのが、スピードマスターのST105.003だった。当時はまだNASA非公式ながら、62年にウォルター・シラーが私物のスピードマスター(CK2998)を身に着けて宇宙へ行っているが、公式装備品として初めて宇宙に行ったのは、エドワード・ホワイトが身に付けたST105.003が最初だ。

 

写真はジェミニ4号で宇宙へと飛び立ち、初の船外活動を実施するエドワード・ホワイト。写真が不鮮明でやや分かりにいくいが、左腕にスピードマスターと思われる腕時計が巻かれているのが見える。写真:(C)NASA

 

 少し逸れてしまったので、話を戻そう。

 スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナは、ツイストラグが特徴的なアシンメトリーデザインをもつ第4世代のスピードマスター(ST105.012-65)のケースデザインにインスパイアされたモデル。
 その名が示す通り、ケースにはプラチナを使用するが、プラチナとゴールドの合金である特別なプラチナゴールド(Pt950Au20)が使用されている。

 また、ベルトはブラックレザー。合わせるバックルはプラチナ製。ベゼルはスピードマスターのアイコニックなデザインを踏襲しつつ、ブラックセラミック製のベゼルにホワイトエナメルでタキメータースケールが施される。

 さらに、特徴的なステップダイアルにはオニキスを採用。インデックスと針(センターのクロノグラフ秒針は除く)には18Kホワイトゴールドを、そして三つのインダイアルには、スピードマスターが刻んだ月探査の歴史に敬意を表し、本物の月隕石を採用。アルジェリアとの国境に広がるリビアのハムラー砂漠で1998年に発見された“Dar al Gani 400”という名の月隕石がスライスして組み込まれる。

 そして、サファイアクリスタル製のケースバック越しにのぞくのが、新たに再生産された伝説的クロノグラフムーヴメント、キャリバー321である。このキャリバー321だが、製造工程における数々の試行錯誤と緻密な研究の末、オリジナルの特徴を残したまま生まれ変わったもので、プレスリリースに従えば、新たにキャリバー321Bという名を与えられている。

 

 

 毎時1万8000振動で、コラムホイール式、ブレゲヒゲゼンマイを採用する17石の手巻きクロノグラフという点は、オリジナルと同じ。しかし、セドナゴールドをPVDコーティングしたブリッジに“グランヴェーグ(大きな波)”装飾とクロノグラフのパーツに直線の表面装飾を施している点は、キャリバー321Bならではの新しい仕様だ。
 しかしながら、それ以外のムーヴメントのスペック情報に関しては、まだ情報が入手できていないため、そのあたりについては判明次第お届けしたい。

 

 さて、そんなスピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナは、今年の12月に発売を予定しているという。何本製造されるかは不明だが、その販売価格は701万8000円となっている模様だ。
 本来ならば、もう手に入れることができないキャリバー321搭載のスピードマスター。非常に高額ではあるが、欲しいという方は決して少なくないだろう。

 

OMEGA(オメガ)
スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ

Cal.321Bを採用した、新作のスピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ。スペシャルなモデルらしく、価格もスペシャルだが、ファンにはたまらない逸品だろう。■プラチナゴールド(ケース径42mm)。50m防水。手巻き(Cal.321B)。701万8000円(12月発売予定

 

文◎佐藤杏輔(編集部)

 

【問い合わせ先】
オメガお客様センター
TEL:03-5952-4400

オメガ公式サイト
https://www.omegawatches.jp/ja

関連記事

  1. A.ランゲ&ゾーネがイギリスのクラシックカーイベントに初協賛

  2. 女性編集者セレクト アナログ表示とデジタル表示を組み合わせたスマートウ…

  3. バーゼルワールド2018<シャウボーグ>

  4. 日本未上陸ブランドファイル-02:電撃復活を果たした、IKEPOD(ア…

  5. アンダー20万期待の新星。アイコン オートマティックにアンスラサイト文…

  6. クロノスイス二つのアニバーサリーを記念した限定フライング・レギュレータ…

  7. 日本に上陸して20年! スイスの高級時計ブランド“BOVET(ボヴェ)…

  8. 見どころが満載! クドケの自社ムーヴ

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計