完売の激レア“モナコ”。TAG HEUER(タグ・ホイヤー)が、誕生50周年を記念して発表した世界169本のリミテッドエディションってどんなモデル?

 多くの専門誌で特集が組まれているように、今年はクロノグラフの歴史を知るうえで非常に重要な節目の年である。

 いまから50年前の1969年。この年、限られたいくつかの時計メーカーが、それぞれに個性を主張する革新的“自動巻きクロノグラフ”を世に送り出した。
 当時のホイヤー(現在のタグ・ホイヤー)は、その限られた時計メーカーのひとつだった。

 69年3月。ホイヤーやブライトリングを中心とした4社連合により共同開発された自動巻きクロノグラフムーヴメント、キャリバー11。通称“クロノマティック”を搭載したモデルが、当時のホイヤーから発表された。

 その開発の経緯については話が長くなってしまうため、ここでは割愛するが、ホイヤーはクロノマティックを搭載した自動巻きクロノグラフを当時すでに高い人気を得ていたクロノグラフモデルのカレラとオータヴィアから発表。そして、この自動巻きクロノグラフを搭載するべく新たに開発された革新的モデルが“モナコ”だった。

 モナコは何が革新的だったのか。自動巻きクロノグラフを搭載したことはもちろんだが、モナコは加えて、角形の、しかも防水ケースを備えていた点が何より革新的であった。

 モナコは、角型防水ケースの自動巻き時計、さらには世界初の角型防水ケースの自動巻きクロノグラフであり、他の同時代の自動巻きクロノグラフと比べても、抜きん出た個性を備えていた。50年を経たいまでも当時から大きくデザインが変わることなく、人気モデルとして多くの時計ファンから支持されていることからも、その革新性がうかがえる。

 そんなモナコの誕生50周年を祝い、タグ・ホイヤーでもゴールデンアニバーサリーにふさわしい特別なモデルを発表しているのをご存じだろうか?

 それが連作として発表されている“モナコ リミテッドコレクション”である。

 モナコが登場した1969年からの50年を10年ごとに区切り、それぞれの時代を象徴するトレンドやスタイル、スピリット、カラーなどに着想を得てデザインされるという五つのリミテッドモデルで構成。9月24日には、東京国立博物館 法隆寺宝物館を会場にした記念イベントで、第4弾モデルが日本でお披露目されている。

 それが、モナコ 1999–2009 リミテッドエディションだ。


 第4弾モデルは、2000年代の洗練されたスタイルをコンセプトに、2000年代のコンテンポラリーな建築や大胆なデザインコードを取り入れ、シックなブラックをベースに、粒子仕上げが施された二つのインダイアルとミニッツリングをもつオパーリン文字盤とすることで、その存在を際立たせた。そこに、アクセントカラーとして針やインデックスにオレンジレッドを合わせることで、スタイリッシュな雰囲気を作り出している。


 また、ケースバックには“Monaco”と“Heuer”のロゴ、“1999-2009 Special Edition”および“One of 169”という文字が刻まれる。

 勘の良い方なら、もうお気づきかもしれないが、このモナコ 1999–2009 リミテッドエディションの生産本数はたったの世界限定169本。しかもタグ・ホイヤー直営店と公式オンラインブティックでのみ販売されるエクスクルーシブなモデルとなっている。

 

TAG HEUER(タグ・ホイヤー)
モナコ 1999–2009 リミテッドエディション
誕生から半世紀。モナコの50周年を祝って発表されたリミテッドコレクションの第4弾。本作は1969年からの50年を10年ごとに区切ったなかでも、2000年代をイメージしたモデルとなっている。
■Ref.CAW211Y.FC6469。SS(39mmサイズ)。100m(10気圧)防水。自動巻き(Cal.11)。世界限定169本。完売

 

なお、9月24日(火)に発売された第4弾モデルもそうなのだが、第1〜4弾モデルまでは、あまりの人気ぶりから発売後間もなく完売している。

 

第1弾モデルは、1970年代を象徴する幾何学的なシェイプとカラーに、タイムレスなコート・ド・ジュネーブ装飾の組み合わせが特徴。コート・ド・ジュネーブ装飾が施されたグリーン文字盤にシルバーグレーのインダイアルを合わせ、レッドとイエローをアクセントに取り入れた(完売)

 

第2弾モデルは、1980年代をスピードとスタイルの時代として捉え、灼熱のレースをコンセプトにサンレイ加工を施したレッド文字盤を採用。また、第1弾モデルとは異なり、ロジウムメッキを施した二つのインダイアルは、外側に膨らんだ独自のスクエアシェイプにデザインされた(完売)

 

第3弾モデルは、1990年代がテーマ。インダストリアルなスチールデザインをコンセプトに、サンドブラスト加工を施したシルバーダイアルを採用。さらに、きめ細かなロジウムコーティングを施したインダイアルを合わせ、ブルーとレッドをアクセントカラーとして取り入れている(完売)

 

 ちなみに、一連のモナコ リミテッドコレクション最後のモデルとなる第5弾、モナコ 2009–2019 リミテッドエディションは、10月29日(火)に発表されたばかり。とはいえ、第5弾モデルもおそらくすぐに完売してしまうだろう。

 さて、そんな気になる第5弾モデルの詳細については、近日中に紹介予定なので、少々お待ちいただきたい。

 

 

文◎佐藤杏輔(編集部)

 

 

【問い合わせ先】
LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー
TEL:03-5635-7054

タグ・ホイヤー 公式サイト
https://www.tagheuer.com/ja-jp”>https://www.tagheuer.com/ja-jp

 

関連記事

  1. 【ハロウィン】で周囲と差を付ける! 本気で遊ぶ大人におすすめな高級ドク…

  2. 大人買い必至、“G-SHOCK”とトランスフォーマーが合体したSPモデ…

  3. MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア)から“アイコン オ…

  4. 違法銃器を平和の象徴となる腕時計に昇華した、“トリワ”の新作モデル

  5. 【視認性UP】TRIFOGLIO ITALIA(トリフォグリオ イタリ…

  6. フランス発、アナログ式スマートウオッチ、“NOERDEN(ノエルデン)…

  7. 【新作レビュー】ラドーの新作レトロダイバーで発見!単体でも欲しくなる高…

  8. コルムが本領を発揮!? アヴァンギャルドすぎるダマスカスウオッチをリリ…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計