Moving Blue ―世界をつなぐ感動の青― をカラーテーマにしたオリエントスターの新作

こだわりが詰まったカラーコレクション

 良質な機械式モデルを中心に展開し、幅広い世代から愛されるオリエントスターから、“世界をつなぐ感動の青”をコンセプトに掲げた限定コレクション“Moving Blue(ムービングブルー)”が発表された。
 これは、人気モデルである“メカニカルムーンフェイズ”、“モダンスケルトン”、“セミスケルトン”、そして“クラシックセミスケルトン”のレディース4種に、ディープブルー文字盤とピンクゴールドカラーという共通のカラーを採用した、言ってしまえばカラーコレクションである。

 ただ、オリエントスターのムービングブルーは一般的なカラーコレクションとはひと味違う。
 何が違うのかと言うと、4モデルに採用されているディープブルー文字盤は、実はすべてトーンが変えられているのだ。
 “空”や“海”は、時間や場所などによって様々な表情を見せる。これと同じように、メカニカルムーンフェイズではシックなダークトーンを、モダンスケルトンでは彩度を高めたフレッシュな青を、というように、ベースとなるモデルの属性や着用シーンを踏まえて、それぞれに最適な“ブルー”をチョイスしているのである。
 ムービングブルーの色への強いこだわりの根底には、“多くの人に楽しんでもらいたい”というオリエントスターの強い思いがある。ぜひとも実際に実物を見比べて、そのこだわりを感じてほしい。

セミスケルトン
カラーコンセプトは踏襲しつつも、スタイリッシュな顔付きやブレス仕様となって、ビジネスシーンに映える雰囲気に仕上がったセミスケルトン。40mmアンダーとサイズ感も程よく装着感も良好である。
■ステンレススチールケース(ピンクゴールドIPベゼル)&ブレス。ケース径39.3mm。10気圧防水。自動巻き(Cal.F6R42)。限定500本。7万5900円

メカニカルムーンフェイズ
古典機構であるムーンフェイズ表示とピンクゴールドカラーの柔らかな輝きがマッチし、上品な印象を醸し出す。文字盤中央には精緻なロゴパターンが施されるなど細部まで手の込んだ作りだ。
■ステンレススチールケース(ピンクゴールドIPベゼル)、レザーストラップ。ケース径41mm。5気圧防水。自動巻き(Cal.F7X62)。限定500本。19万8000円

モダンスケルトン
文字盤の開口部を増やして、よりメカニカル部分を強調したモダンスケルトン。アイコンであるパワーリザーブ表示に加え、スモールセコンドも配置され、凝縮感ある文字盤デザインが魅力となっている。
■ステンレススチールケース(ピンクゴールドIPベゼル)、レザーストラップ。ケース径41mm。10気圧防水。自動巻き(Cal.F6F44)。限定2000本(国内は800本)。9万7900円

クラシックセミスケルトン
30.5mmと小振りなレディースサイズも1型ラインナップ。ほかのモデルよりも明るめブルーがチョイスされており、腕元を華やかに演出してくれるため、フォーマルなシーンにもぴったりだ。
■ステンレススチールケース(ピンクゴールドIPベゼル)&ブレス。ケース径30.5mm。5気圧防水。自動巻き(Cal.55C40)。限定500本。6万500円

 

実はすべてトーンが違う!? “Moving Blue”の色へのこだわり

 文字盤で採用されているカラーは、すべて“ディープブルー”の名称で統一されているが、実はそれぞれトーンが変えられており、モデルによって見える印象が少しずつ異なっている。例えばメカニカルムーンフェイズだと、そのクラシックな意匠を最大限生かすようにダークトーンのブルーが採用されシックな雰囲気が強調されるなど、Moving Blueのこだわりのポイントだ。

マットな”ダークトーン”で“シック”な雰囲気を演出

“ライトトーン”で“フレッシュ”な雰囲気を演出

“明るめのブルー”で“華やか”な雰囲気を演出

“落ち着いたブルー”で”アーバン”な雰囲気を演出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1971年誕生の46系をベースに進化したムーヴメントを搭載


 オリエントスターの特徴と言えば、忘れてはならないのが良質な機械式ムーヴメントだろう。すべてのモデルがシースルーバックとなっており、醍醐味であるメカニズムを堪能できる仕様だ。写真はメカニカルムーンフェイズのムーヴメントCal.F7X62。上位機種に位置付けられるCal.F7X62は、地板に繊細なペラルージュ装飾が施されたほか、ブルーネジが採用されるなど、優れた美観を備えた点も魅力となっている。

プレステージショップ限定モデルも登場


 全国に約100店舗あるオリエントスターのプレステージショップのみ取り扱いとなるメカニカルムーンフェイズ(左)とモダンスケルトン(右)のブレス仕様も同時リリース。それぞれ替えのレザーストラップが1本付属し、なんと価格は据え置きだ。
■(左)Ref.RK-AM0010L。19万8000円。(右)Ref.RK-AV0112L。9万7900円。プレステージショップ限定各200本

 

文◎堀内大輔(編集部)/写真◎水橋崇行

 

【問い合わせ先】
オリエントお客様相談室
TEL:042-847-3380

オリエントスター公式サイト
https://www.orient-watch.jp/orientstar/index.php

関連記事

  1. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.01】 A.ランゲ&ゾ…

  2. ノモス30年目にしてついに出現した30気圧防水にブレス仕様の本格派スポ…

  3. 日本未上陸ブランド傑作選/No.11 MING(ミング)

  4. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.07】ジャガー・ルクル…

  5. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.02】エルメス

  6. Apple Watch 4 徹底解剖-スマートウオッチ最新研究-【Pa…

  7. ビジネス使いでちょっと上をゆく、30万円台からの実用時計“トリカレムー…

  8. スマートウォッチ最新研究-【Part-6:通知機能重視型スマートウォッ…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計