わずか38個だけ! ミネルバ製デッドストックムーヴメントが搭載された注目の最新作

【モンブラン ヘリテイジ スモールセコンド リミテッドエディション38】 SS(39mm径、ケース厚9.45mm)。5気圧防水。手巻き(Cal. MBM62.00/毎時1万8000振動/約50時間パワーリザーブ)。世界限定38本。236万5000円

 モンブランが今回発表したリミテッドエディションの新作、最大の特徴はムーヴメントメーカーのミネルバ社が、リシュモングループ傘下に入り、モンブランの一部門になる前の2003年に開発したという手巻きムーヴメント、キャリバーMBM62.00を搭載している点だ。

 しかもこのムーヴメントは、38個だけがまっさらのママ見つかったというデットストクックムーヴメントという代物というのがおもしろい。

 ミネルバ社といえば、キャリバー13-20CHなど優れたクロノグラフムーヴメントを作ることで知られるが、もちろんクロノグラフ以外にも高品質な自社ムーヴメントを開発している。その代表的なものが1940年代後半から50年以上もの長い間生産され、黄金比率に基づくムーヴメント設計から“ピタゴラス”のペットネームをもつ手巻きムーヴメントである。

 キャリバーMBM62.00は、そんなピタゴラスからインスピレーションを得て当時開発されたものだという。

 手作業で丁寧に面取りされたプレートやブリッジは幾何学的で見た目にも実に美しい。

 ジャーマンシルバーにロジウムコートが施され、仕上げのコート・ド・ジュネーブがより美観を高めているようだ。もちろんこれは、サファイアクリスタルバックから見ることができる。

文◎菊地吉正(編集部)/モンブランコンタクトセンター TEL.0120-39-4810

関連記事

  1. 完売必至! “スウォッチ”とストリートブランド“ベイプ”がコラボレーシ…

  2. 70年代に発表されたシチズン幻のプロトタイプが、現代の機能で復刻!

  3. Tiffany&Co.(ティファニー)の秋の新作が登場! 多…

  4. グランドセイコーから“NISSAN GT-R”との記念コラボモデルが登…

  5. 大坂なおみ選手が、グランドスラム2連覇! 全豪オープン優勝時に着けてい…

  6. 不滅の人気を誇るRICHARD MILLE(リシャール・ミル)定番モデ…

  7. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.03】 IWC

  8. ラング&ハイネ初のトゥールビヨンを発表 BASEL2018

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計