HAMILTON(ハミルトン)のロングセラー“ボルトン”に待望の手巻きモデルが登場

 1940年代の発売以来、HAMILTON(ハミルトン)のロングセラー“ボルトン”。アメリカのペンシルバニア州に端を発するハミルトンのルーツともいえるコレクション“アメリカン クラシック”を代表するモデルである。文字盤外周部に配されたレイルウェイミニッツトラックは、ハミルトンが鉄道時計を供給していた歴史を想起させる。

 当初はメンズモデルとして発表されたボルトンだが、ユニセックスなケースサイズとタイムレスなデザインから、現在ではペアウオッチやシェアウオッチとしても広く愛されている。

 今回発表された新作は、最新の手巻きムーヴメント“H-50”を搭載したモデル。1940年代当初は角型のムーヴメントCal.980や“ボルトン・キャリバー”とも呼ばれるCal.982を搭載していたが、近年ではクォーツが主流であった点から、ファン待望の新作といえるだろう。

 ボルトンは、アール・デコにインスパイアされた象徴する緩やかにカーブを描いた独特の美しいケースフォルムが特徴。
 曲線的なケースが腕元にフィットし、クラシカルな佇まいを引き立て、さらにエレガントなローマンインデックスが1940年代のオーセンティックなアメリカンスタイルを思わせる。

 ストラップと文字盤のカラーは3色のコンピネーションをラインナップ。クラシカルな雰囲気かつ、約80時間ものパワーリザーブを実現した最新のムーヴメントを搭載した、まさにクラシカルと最新技術が融合した本モデル。これが11万円で手に入るというから驚きだ。

Ref.H13519711。SS(34×38.8mmサイズ)。5気圧防水。手巻き(H-50)。11万円

Ref.H13519561。SS(34×38.8mmサイズ)。5気圧防水。手巻き(H-50)。11万円

H13519641。SS(34×38.8mmサイズ)。5気圧防水。手巻き(H-50)。11万円

【問い合わせ先】

ハミルトン 公式サイト
https://www.hamiltonwatch.com/ja-jp

文◎佐波優紀(編集部)

オススメ記事

  1. ロシア空軍でも使用していたアビエイターの「MIG-29」本格上陸

  2. 【1970年代の“セイコー 5スポーツ”ほか】“時間”をテーマにした名…

  3. 【2021年新作】グラスヒュッテ・オリジナルの新たな主力ライン、“Se…

  4. 【遊び心あふれるスカルデザイン】2020秋冬の新作“ハイドロゲンウォッ…

  5. テキサス発の腕時計ブランド“JACK MASON”から日本限定モデルが…

  6. KLASSE14(クラス14)の最新モデル“SEA”に注目!

  7. 新作時計を価格別に紹介!【30〜50万円①】

  8. 人気のアイコンオートマティックコレクションにブロンズ限定モデルが登場

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計