“永遠”を表現した螺旋模様が美しいBVLGARI(ブルガリ)×安藤忠雄の限定コラボレーション

 2017年に世界最薄の自動巻き腕時計として登場し、注目を集めたオクト フィニッシモ オートマティック。いまや“BVLGARI(ブルガリ)”のアイコンウオッチのひとつとして、高い支持を得ているモデルである。

 オクト フィニッシモ オートマティックは、自動巻きウオッチながら5.15mmという驚くべき薄さを実現している点も特徴だが、円と正方形を大胆に融合させた洗練のデザイン、そして薄型ながら立体的で幾何学的フォルムを実現し、強い個性と建築美への造詣が深いブルガリの男性像を体現したフラッグシップコレクションとなっている。

 ブルガリと日本の間には、これまでにも特別な繋がりが存在したが、 ここ数年、特に際立った存在感を示していたのが、音楽家や画家など日本人芸術家とコラボレーションしたオクト フィニッシモの限定モデルだ。

 2018年は日本画家、千住 博氏とのコラボレーションが話題を呼んだが、2019年も日本を代表する日本人芸術家とのコラボレーションが実現。
 今回、ブルガリがパートナーとしたのは、現代最高峰の建築家のひとりである安藤忠雄氏。彼によりデザインされた文字盤を採用する特別なオクト フィニッシモが限定モデルとして発表された。

 限定モデル、安藤忠雄×ブルガリ オクト フィニッシモ オートマティックは、安藤氏とブルガリのクリエイティビィティが見事に調和した唯一無二の存在となっている。

 安藤氏は“六甲の集合住宅”や“ピューリッツァー美術館”、“フォートワース現代美術館”、“表参道ヒルズ(同潤会青山アパート建替計画)”、“クラーク美術館”などの数々作品を手掛けた著名な建築家だが、いずれもコンクリートを基調とし、幾何学性を徹底したミニマルな造形美とその内に展開する光と影の美しさが表現された空間が、現代建築の歴史に確かな足跡を残した。

 オクト フィニッシモも非常に“建築的”と言える造形をもち、チタンやカーボンといった現代的な素材を用いたコレクションだ。また、グラフィカルで洗練されたデザインは、安藤氏の建築へのアプローチと同じデザイン哲学を基盤とするものと言えよう。

 安藤忠雄×ブルガリ オクト フィニッシモ コレクションでは、スモールセコンドの根元から螺旋が渦を巻き、無限の時間の経過を表現したという安藤氏デザインの文字盤が採用された。

 なお、実はブルガリ オクト フィニッシモ オートマティックに加え、安藤忠雄×ブルガリ オクト フィニッシモ オートマティック トゥールビヨンという8本限定のトゥールビヨンモデルも発売されるのだが、こちらのモデルついては、まだ画像がないため、また別の機会に紹介しようと思う。

Photo:Kazumi Kurigami

BVLGARI(ブルガリ)
安藤忠雄×ブルガリ オクト フィニッシモ オートマティック

安藤忠雄氏による螺旋模様の文字盤が印象的な限定モデル。なお、文字盤の素材にはチタンを採用している。マットなチタンケースはサンドブラスト加工による。さらにブレスもリューズもチタン製だ。
Ref. SAP103245。TI(40mm径)。30m防水。自動巻き(Cal.BVL138)。限定200本。198万円

 


シースルーバックケースを採用。サファイアクリスタルには、安藤忠雄氏のサインおよび“Tadao Ando- Limited Edition”の文字があしらわれる

 

文◎佐藤杏輔(編集部)

 

【問い合わせ先】
ブルガリ / ブルガリ ジャパン
TEL:03-6362-0100
https://www.bulgari.com/ja-jp

関連記事

  1. クラシックブルーをまとったジンの500本限定

  2. ヴェンペがヘルベルト・グレーネマイヤー氏とのコラボモデルを発表

  3. 【ノルマンディ上陸作戦75周年】RALF TECH(ラルフテック)が記…

  4. 大坂なおみ選手が試合で着ける腕時計、最新モデルが発売決定!

  5. すべてがドイツ製となって、90.10がマイナーチェンジ!

  6. 独創の腕時計、カンパノラに待望のミドルサイズが登場

  7. 金無垢G-SHOCK!なんと770万円で5月15日から受付開始!

  8. SKAGEN(スカーゲン)、ビジネスシーンにもマッチする新作メンズウォ…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計