名作デザインがアンダー5万円で手に入る! オリジナルをほぼ忠実に再現したセイコー×ジウジアーロの復刻版“マッキナ・スポルティーバ”

 セイコーウオッチが、かつてジウジアーロ・デザインとコラボレーションし、1990年代に一世を風靡した人気シリーズ“マッキナ・スポルティーバ”の復刻モデルをリリースした。

 ジウジアーロ・デザインは、自動車のデザイン・開発で世界的に有名な“イタルデザイン”のカー&インダストリアルデザインを行う部門として、1981年にジョルジェット・ジウジアーロ氏により設立されたデザインスタジオ。

 ジウジアーロ氏は、マセラティやアルファロメオ、BMW、フィアットなど様々なメーカーのカーデザインを手掛けてきたが、映画“バック・トゥー・ザ・フューチャー”に登場するデロリアン DMC-12も氏の作品として有名だ。

 そして、時計好きならご存じだろう。1983年にはSEIKO(セイコー)とコラボレーションし、ドライバーやライダーに似合う腕時計をコンセプトに、世界初のアナログクォーツクロノグラフを発売。歴代モデルは、その強烈で個性的なスタイルから熱烈なファンを生んだ。

 

 


こちらはドライブ中の操作性の配慮からケースの中心とベルトの中心をオフセットした非対称デザイン。手袋をしたままボタン操作が可能なように、大型のボタンを採用した。


5/100秒計測、30分計、スプリットタイム計測のタキメーターを備えた世界初のアナログクォーツクロノグラフ。通称“エイリアン”


右に20度傾斜したドーム型の液晶デジタルディスプレイをもつデジタルクロノグラフ。ロータリースイッチが組み込まれたベゼルを回転させることで、ストップウオッチ、アラーム、タイマーのモード選択が可能。


バイクのハンドルに装着可能な長いベルトを巻き込む特徴的なデザインのデジタルクロノグラフ。飛行機の座席シートにあるシートベルトの巻き込みから着想を得た。

 どれも強烈な個性をもつユニークなモデルだが、今回復刻されたマッキナ・スポルティーバはスポーツカーをコンセプトに開発されモデル。これまでのシリーズと同様、オリジナルデザインを可能な限り忠実に再現している。

 

SEIKO(セイコー)×GIUGIARO DESIGN(ジウジアーロ・デザイン)
ジウジアーロ・デザイン リミテッドエディション
マッキナ・スポルティーバ

Ref. SNAF83PC

Ref. SNAF85PC

Ref. SNAF87PC

 

■共通仕様
SS(43.2mm径)。10気圧防水。クォーツ(Cal.7T62)。国内数量限定各300本。各4万9500円

 復刻版のキービジュアルにも採用されているSNAF83PCの文字盤は、当時のフラッグシップカラーだったイタリア・シエナ地方にインスパイアされたオレンジカラー。当時の世界観を継承し、付属の専用ボックスにも同じオレンジを採用することでイメージを統一した。

 また、当時のモデルよりもケースサイズをひと回り大きくし、強化シリコンベルトを備えたシックなカラーリングもラインナップに加わるなど、よりスポーティかつファッション性の高いアイテムに仕上がっている。

 

文◎佐藤杏輔(編集部)

 

【問い合わせ先】
セイコーウオッチお客様相談室
TEL:0120-061-012

関連記事

  1. 洞窟探検にインスパイアされた、リトアニア発の本格ダイバーズウォッチ

  2. 北欧ウオッチブランドSKAGEN(スカーゲン)の、型破りなカラフルウオ…

  3. 新作時計を価格別に紹介!【30~50万円】

  4. ヴィンテージダイバーズを思わせる、HENRY LONDON(ヘンリーロ…

  5. フランス発の時計ブランド、ウィリアムエルがレトロな軍用ダイバーズを再現…

  6. 60年代に人気を博した“ラドー”の名作ダイバーズウォッチが限定仕様で復…

  7. セイコーが70年代に発表した歴史的デジタル時計が、国立科学博物館の未来…

  8. コルムからサルバドール・ダリがモチーフの新作登場

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計