“クォーツ革命”を起こした、SEIKO(セイコー)の“クオーツ アストロン”、トリビュートモデルが発売

 1969年12月25日、“SEIKO(セイコー)”は世界初のクォーツ式腕時計“クオーツ アストロン”を発売し、世界を驚かせた。月差±5 秒以内という腕時計の歴史を変えた高い時間精度は、当時の世界の人々のライフスタイルを一変させ、“クォーツ革命”とも呼ばれている。

初代クオーツ アストロン

 また、独自に開発した音叉型水晶振動子、オープン型ステップモーターをはじめ、特許権利化した技術を公開することで、アナログクォーツウオッチの世界的普及に大きく貢献し、現在においてもクォーツ腕時計の世界標準となっている。そして、時計技術に大きな改革を実現したことが評価され、2014年には日本機械学会によって“機械遺産”に、2018年には国立科学博物館によって“未来技術遺産”にそれぞれ認定された。

 そんな腕時計史における革命“クオーツ アストロン”の誕生50周年を記念し、オリジナルの意匠と最新のGPSソーラーキャリバーを融合させたトリビュートモデル、“1969 クオーツアストロン50周年記念限定モデル”が数量限定で発売されるのだ。

“クオーツ アストロン”にトリビュートを捧げ、オリジナルの意匠を再現
 クオーツ アストロン誕生から50年の節目を迎えた今年、クォーツ革命に継ぐ、“第二の革命”を起こすべく、2012年9月に誕生し名を受け継いだ世界初のGPS ソーラーウオッチ、“セイコー アストロン”より、多くの記念モデルを展開してきたセイコー。そして、アニバーサリーイヤーの最後を飾るのは、オリジナルモデルに込められた意志や未来への期待を具現化した意匠を、コンセプチャルに再現する特別なモデルだ。

 K18イエローゴールド製のケースは、当時のシルエットを踏襲するだけでなく、オリジナルモデルと同じように熟達した宝飾加工職人の手業による特徴的な荒らし彫り模様が施されている。繊細さと雄々しさを兼ね備えた模様は円環を描き、50年の時を経て初志に立ち返り、新たな未来を切り拓こうとするセイコー アストロンの決意を象徴している。

 判読性に優れたシンプルな文字盤のレイアウトに加え、スリムでエレガントな当時のフォルムを再現するため、ムーヴメントには世界最薄のGPSソーラーキャリバーである“3X22”を採用。コンパクトでありながら、1日に最大2回の自動時刻受信を行うアストロンの独自機能、“スーパースマートセンサー”や、地球上のどこにいても簡単なボタン操作で素早く現地時刻に修正する“高速タイムゾーン修正機能”などの優れた基本性能を有した、最新のGPSソーラームーヴメントだ。

 裏ブタには、限定モデルの証である“Limited Edition”の文字とシリアルナンバーだけでなく、クラシカルな馬蹄型の枠内に“Commemorating the 50th anniversary of Quartz Astron, released on Dec 25, 1969”のメッセージも記されている。そして50周年の記念ロゴが施された、木目の美しい艶やかな無垢材のスペシャルボックスに納められる。

 

SEIKO ASTRON(セイコー アストロン)
1969 クオーツアストロン50周年記念限定モデル

■Ref.SBXD002。K18YG(40.9mm)。日常生活用強化防水。ソーラー(Cal.3X22)。世界限定50本。418万円

 

【問い合わせ先】
セイコーウオッチ お客様相談室
TEL.0120 -061-012

オススメ記事

  1. 90年代の人気ブランド“アイクポッド”が復活! デザイン性、品質、手…

  2. BASELWORLD(バーゼルワールド)2019 新作レポート/TAG…

  3. ロシア空軍でも使用していたアビエイターの「MIG-29」本格上陸

  4. コスパ抜群の実力派から唯一無二の個性派まで、この夏注目のモデルを厳選!…

  5. “スウォッチ”から新開発の“非磁性合金”を採用した本格機械式時計が期間…

  6. ゴールデンウィークも大活躍、“ガーミン”のタフなアウトドアウオッチに新…

  7. ヴァシュロン・コンスタンタンのプラチナを用いた特別なコレクションに“パ…

  8. 【注目の日本未上陸ブランド】アンダー10万円で手に入るラグスポウオッチ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計