自宅でCITIZEN(シチズン)の時計が着用できる? ARを使った新サービスCITIZEN AR tryを試してみた

 国産ウオッチブランドのCITIZEN(シチズン)が、スマートフォンやゲーム機などを通して、現実の風景にバーチャル情報を表示し拡張現実をサービスする“AR”を用いて、“CITIZEN AR try”のサービスを開始した。このサービスを使用すれば、店頭にはない商品を試せたり、店舗に足を運ばなくても試着が出来るという。今回はCITIZEN AR tryを実際に試してみたので、詳しく紹介していこう。

いつでもどこでも気軽に腕時計の試着体験ができる!

専用のAR リストバンド

 シチズンが提供する“CITIZEN AR try”は、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス。特別なアプリケーションも必要なく、専用のARリストバンドを腕に装着し、QRコードで専用サイトへアクセス、そしてスマートフォンやタブレットを腕にかざすだけで、画面に実寸大の時計が表示され、サイズ感や厚み、質感を体験できるのだ。このサービスを利用することで自宅やカフェ、場所を問わずに試着体験が可能になる。

 試着可能なモデルは、メンズラインからシチズン アテッサが2モデル、シチズン プロマスターが2モデル、レディースラインからシチズン クロスシーが2モデル、シチズン エルが2モデル、ウィッカが1モデルの、計9種類だ。また、今後試着できるモデルは増えていくという。時計専門店や全国の量販店など、主要時計店のシチズンコーナーにてARリストバンドを無料で配布しており、専用サイトにてダウンロードも可能なので、手軽に入手が出来る。
専用サイト:https://ar-try.citizen.jp/

 

実際に時計を試着してみました!

1.まずは専用サイトから、試着する際の説明文とリストバンドがプリントされた紙を印刷

2.やり方に沿って、リストバンドを作成し装着

3.ブラウザの専用サイトからリストバンドをかざして試着!

 

 せっかくなので今回は、メンズモデルとレディースモデルの両方を試着。どこでも試着が出来るので、自分のデスクに座り撮影してみた。リストバンドの印刷から着用、撮影まで10分もかからなかったので、本当に手軽にできるといえよう。

 ケースのサイズ感を確認出来るのはもちろんだが、文字盤やブレスの質感も再現しており、また、腕を横にすればケースの厚みも簡単に確認することができるのでとてもおもしろかった。なにより専用のリストバンドひとつで、対応しているすべてのモデルが試着できるのがポイントだ。

 スマートフォンひとつあれば、シチズンの時計がいつでもどこでも試着できるため、このサービスが気になる方や、最先端技術を用いて時計を着用してみたい方は、ぜひ利用してみてはいかがだろうか。

【問い合わせ先】
シチズンお客様時計相談室
TEL.0120-78-4807
https://citizen.jp/

 

文◎松本 由紀

オススメ記事

  1. 【40ミリ以下で選びました】購入予算10万円台まで、スーツに合わせる“…

  2. 野球ファン必見! 【ミスタージャイアンツ】長嶋茂雄氏がG-SHOCKと…

  3. 【台所のシンクと何が違うの!?】意外と知らない時計の基礎知識-第3回は…

  4. 日本公演も大成功!ギター1本で9万人を魅了したエド・シーランの愛用時計…

  5. (2019年9月末開催)パテック フィリップ・ウオッチアート・グランド…

  6. 女性編集者セレクト 私のようなプロ野球好きにオススメのコラボモデル4選…

  7. 【悲報】そして誰もいなくなる? LVMHグループのウブロ、タグ・ホイヤ…

  8. 日本製自動巻きで何と3万円台。1940年代の軍用時計を再現した新作第2…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計