ハイパーパフォーマンス時計ブランド“Gorilla (ゴリラ)”がFASTBACK GT COLLECTIONの新作3モデルを発表

 ハイパーパフォーマンス時計ブランド“Gorilla (ゴリラ)”から、FASTBACK GT COLLECTIONの新作を3モデル発表した。

[FASTBACK GT DRIFT “ELISE”]
SPECIFICATION

 “ゴリラ”とヴォーシェ社は高級時計に相応しい技術に優れ、かつ感情に訴えるような次世代のコンプリケーションのデザインと製造を目指して誕生した。DRIFT (ドリフト)のために開発されたワンダーリング・アワー機構のキャリバー Gorilla5238は17世紀に初めて導入されたこのワンダーリング・アワー機構のコンプリケーションを“ゴリラ”の特徴である異素材を組み合わせながらコンテンポラリーに仕上げられている。

 今回ドリフト第2弾となるDRIFT “ELISE”(ドリフト“エリーゼ”)の大胆な色の組み合わせはレジェンダリー・ブリティッシュ・レーシングカーからインスパイアされている。

カーボン×アルミ×チタン×セラミック(44mm径)。100m防水。自動巻き(Cal.ETA2824-2)。62万6400円。世界限定350本

 

[FASTBACK GT COLLECTION]
TRUFFELHUNTER (トリュフハンター)

FASTBACK GT TRUFFELHUNTER (トリュフハンター)は、あの伝説となったレーシングカー“Porsche 917/20”へのオマージュとして限定発売する。

 極端なワイドボディにショートテール、そして深く丸いホイールウェルの特徴からデザインチームは大胆なピンクのボディカラーに肉屋スタイルのグラフィックをデザインとして組み込み、車の名前を“ピンクピッグ(ピンクの豚)”または “トリュフハンター”と名付けた。

 トリュフハンターはル・マンに1回のみ登場し、レースを完結させなかったにもかかわらず“Porsche 917/20”の風変わりなカラーリングは世界中のモータースポーツファンの心をつかんだ。

カーボン×アルミ×チタン×セラミック(44mm径)。100m防水。自動巻き(Cal.Miyota 90S5)。25万800円。世界限定500本

 

[FASTBACK GT COLLECTION]
SPECTRE(スペクター)

FASTBACK GT SPECTRE (スペクター)は、2016年創業時のファーストモデルであるFASTBACK ORIGINAL(オリジナル)のカラーリングと最先端の異素材ミックスをベースに、ワンランク上の仕様へ進化させたモデルだ。

 マットブラックのセラミックベゼルに、チェッカーフラッグ柄のフォージド・カーボンケースを採用している。また深みのあるブラックの文字盤やひとつずつ立体的に取り付けられたロジウムコーティングのアラビア数字も特徴的だ。時、分針とアワーマーカーは赤と黒のスーパールミノバ塗装を施しており、夜の視認性を高めている。

 新しくデザインされたチタン製のケースバックとハイブリッド・ラバーストラップは抜群のフィット感を実現。裏ブタは耐傷性の強いサファイア・クリスタル・ガラスによるシースルー構造になっている。

 また、その円周にはコレクション名とゴリラウォッチのシンボルである素材の組み合わせが刻印されている。

カーボン×アルミ×チタン×セラミック(44mm径)。100m防水。自動巻き(Cal.Miyota 90S5)。25万800円

 

ゴリラについて

 “ゴリラ”は、スイス北西部ヌシャテル州の町、クレシエに拠点を置く時計ブランド。2016年、オーデマ ピゲの元チーフ・アーティスティック・オフィサーのオクタヴィオ・ガルシアとシニアデザイナーであったルーカス・ゴップ (Lukas Gopp) によって設立された。

 [THE FASTBACK GT] DRIFT (ドリフト) のワンダーリング・アワー機構は、世界をリードするスイスのムーヴメントメーカー、ヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエ社とのチームコラボレーションによって誕生した。その開発に携わっているヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエ社の開発責任者である日本人時計師、浜口尚大氏は時計集団“ルノー・エ・パピ”に唯一加わった日本人時計師である。

【問い合わせ先】

G&R ジャパン
TEL:03-5422-8087

ゴリラ 公式サイト
http://www.gorillawatches.jp

オススメ記事

  1. 悪魔再び! ブローバの伝説的コレクション“デビルダイバー”から新色モデ…

  2. ORIENT STAR(オリエントスター)、幅広い世代に愛される国産機…

  3. 春夏トレンドカラーを採用した、“ヘンリーロンドン”の日本限定モデルに注…

  4. BALL WATCH(ボール ウォッチ)の“エンジニア ハイドロカーボ…

  5. 【もう普通じゃ満足できません!?】思わず自慢したくなる“個性派クロノグ…

  6. 日本市場へ本格導入が決定!フレコンのスマートウオッチ

  7. “究極のトゥールビヨン”も、ついに10作目! コンプリモデルから実用機…

  8. “テンデンス”が不良漫画の金字塔キャラたちをモチーフにした限定モデルを…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計