光発電スマートウオッチ“CITIZEN Eco-Drive Riiiver”にシリコンラバーベルトの新モデルが登場

 CITIZEN(シチズン)は、様々なデバイスを起点にヒト・モノ・コトを繋げるIoT プラットフォーム“Riiiver”に対応した光発電スマートウオッチ“CITIZENEco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)”の新製品としてシリコンラバーベルトを採用した新モデルが2020年1月23日(木)に発売する。

 従来モデルはステンレスブレスのみの取り扱いだったが、新製品はシリコンラバーベルトを採用し、デザインの幅を拡げた。肌にぴったりとなじみ、スポーティーな雰囲気に仕上がっている。また、文字盤外周への差し色としてオレンジやブルーなど鮮やかなカラーをリング状に配したモデルもラインアップし、ポップでカジュアルかつ、スポーティーなデザインとなっている。

 時刻だけでなく、様々なデータの読み取りやすさも意識し、ワイドオープンなダイヤル上に視認性の高いカラーリングと形状を持った針を採用した。丁寧に仕上げられたケースにシリコンラバーベルトを組み合わせ、ミニマルなデザインにまとめている。

 腕時計が本来持つ美しさを意識することで、新しさを感じさせながらもアナログならではの温かみや優しさを持ったデザインを目指した。

 “エコ・ドライブ リィイバー”は、IoT プラットフォームである“Riiiver”を通じて、自分のライフスタイルや好みに合わせて様々なデバイスやサービスとつながることが可能な腕時計だ。

 例えば、腕時計のボタンを押すだけでアプリと連携して情報を取得したり、スマートスピーカー等のIoT機器を操作できるなど、アイデア次第で様々な設定が可能。スマートウオッチとしての機能性と、腕時計としての美しさを兼ね備えている。加えて、充電作業のわずらわしさからユーザーを解放するシチズン独自の光発電システム、エコ・ドライブを搭載しており、定期的な電池交換を必要としない。

【主な特徴】

・シリコンラバーベルトを採用した、スポーティーなデザイン
・ポップでカジュアルなカラーリング
・IoT プラットフォーム“Riiiver”に対応し、様々なサードパーティ製デバイスやサービスと連携
・主なサービスの一例(発表日時点)現在気温の針表示、定型メール送信、現在位置情報送信、降水確率の針表示、スポーツのスコアの針表示など
・Bluetoothによりスマートフォンと連携
・エコ・ドライブ リィイバー専用のアプリを通して腕時計の機能をパーソナライズ
・定期的な電池交換が不要の光発電時計エコ・ドライブ搭載
・消費カロリーや歩数、光量を計測

【商品仕様】

Ref.BZ7005-07E。SS(43.2mm径)。10気圧防水。クォーツ(Cal.W510)。4万9500円

Ref.BZ7005-07F。SS(43.2mm径)。10気圧防水。クォーツ(Cal.W510)。4万9500円

 

Ref.BZ7007-01E。SS(43.2mm径)。10気圧防水。クォーツ(Cal.W510)。4万9500円

 

【問い合わせ先】

シチズンお客様時計相談室
TEL:0120-78-4807
https://citizen.jp

オススメ記事

  1. 【マリンスポーツに最適です】ガーミンのアウトドアGPSシリーズから、“…

  2. MIDO(ミドー)からシリーズ60周年記念限定モデル“コマンダー ビッ…

  3. この冬も登場! URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)が別注…

  4. 2万円台から価格別に厳選、70年代テイストのレトロデザインクロノが熱い…

  5. 話題の【G-SHOCK】最新コラボモデルの詳細が明らかに!

  6. 【WLN女子部発】Tiffany & Co.(ティファニー)…

  7. PIAGET(ピアジェ)の超薄型時計「アルティプラノ トゥールビヨン」…

  8. 今年も登場。マックス・ビル バイ ユンハンスの限定エディション

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計