FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)の主力ライン、レイダー・ハープーンがサイズ&プライスダウンして登場!

 1737年にスイス、ル・ロックルにて創業したFAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)。以後一度も途切れることなく282年間、機械式時計を作り続けている。ブランドの主力コレクションは1962年に発表された世界初、高度計搭載の腕時計“ビバーク”や、1968年に発表された世界初、デプスゲージ(深度計)搭載の腕時計“バシィ”などがある。現在のコレクションも、実用的なスイス製計器がモットーであり、深海から地上の最高峰までを網羅する時計を揃えている。

 今回、ビバークやバシィと並ぶ主力コレクションのひとつである、最新鋭ダイバーズウオッチ“レイダー・ハープーン”より、待望のミドルサイズモデルが登場。従来のレイダー・ハープーンのケース径46mm(500m防水)に対し、日常生活でも使うことを想定したケース径42mm(300m防水)を有している。

 もちろん、ダイバーズウオッチのISO規格も満たしている。潜水時間(分)を測定するための逆回転防止ベゼルや、駆動の確認には 秒針の代わりに、水中での分針の読み取りを妨げないセンターで回転する“秒ディスク”を採用。また、2時位置には、飽和潜水に対応したヘリウムバルブも備えている。

未来のデザインを継承したダイバーズウオッチ、レイダー・ハープーンは1針時計

 時刻の読み方として、分針は通常の分針なので、左の図が12:00で、右の図が2:15を表している(秒はともに35秒)。時は文字盤外周のアワーリングから読み取る。アワーリングはゆっくりと回転していて、分針の先にある数字から、現在時刻を確認できる。左の図は分針の先がアワーリング上の数字の12を指しているので12時、右の図は分針の先がアワーリング上の数字の、2と3の間にあるので2時となる。秒は、回転する秒ディスクが秒針の役割を果たす。

 この写真の時刻は、10時8分15秒。なお、分針、アワーリング、秒針にはスーパールミノバが塗布されているため、水中や暗所でも高い視認性を誇る。

 一本針の分針とアワーリングの組み合わせによる斬新な時刻表示を支えるのは、ファーブル・ルーバの伝統のレトロフューチャーデザインは、1970年代の宇宙開発が盛んだった頃、人々が描いた未来像を反映したもの。その象徴ともいえるディテールが“頑丈なクッションケース”に“14角形の風防リング”、そして“高い視認性を誇る分針とインデックス”だ。

 見えない部分にも工夫が施されている。スクリューケースバックのロゴは、ケースに対してまっすぐに留まるように設計。また、ラグが手首に合わせた位置で設計されているため、着け心地も快適だ。

 

FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)
レイダー・ハープーン42

■SS(42mm径)。300m防水。自動巻き(Cal.FL301)42万3500円

 ■SS(42mm径)。300m防水。自動巻き(Cal.FL301)47万8500円

 

【問い合わせ先】
スイスプライムブランズ
TEL.03-4360-8669
http://favre-leuba.com/jp/

オススメ記事

  1. I.N.O.X.史上最強のプロダイバーにチタンモデルが追加

  2. 完売の激レア“モナコ”。TAG HEUER(タグ・ホイヤー)が、誕生5…

  3. コルムからサルバドール・ダリがモチーフの新作登場

  4. 【これが新たなフラッグシップ!】“アイコン”に機械好きの心をくすぐるク…

  5. ユリス・ナルダンが、現代の“ユリシーズ”、 ダン・レナルドの大西洋横断…

  6. 【エドックスから日本限定モデルが登場】ブラック マザー・オブ・パール文…

  7. 手頃な2万円台から編集部が厳選、70年代スタイルを継承した“ツーカウン…

  8. 【スケルトン感アップ!】レイモンド・ウェイルからフランスの伝統色“アン…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計