RADO(ラドー)の新作限定モデル、コンセプトは“フグのトゲ”?

 スイス生まれの時計ブランド、“RADO(ラドー)”は、世界中の有名デザイナーたちとのコラボレーションから生まれた限定エディション、“ラドー2019デザイナーズシリーズ”をこれまで6モデル発売してきた。今回、その限定コラボエディションのラストを飾る7本目として、True Thinline Toge(トゥルー シンライン トゲ)が登場した。

 国内外で美術館・ギャラリーでの作品展覧会やパフォーマンス、企業や自治体とのコラボレーションを通じて、食にまつわる体験のデザイン・表現活動を行う、“food creation”の主宰も務める日本のフードアーティスト、諏訪綾子氏とのコラボレーションにより誕生したトゥルー シンライン トゲ。

 諏訪綾子氏は、自身の活動を通し、食を究極の感覚的コミュニケーションツールとして捉え、さまざまなコンセプチュアルな食の表現を追求してきた。彼女は誰もがもつ感覚や感情を食で表現し、食べものや、あじわうこと、そして食をきっかけとした新たな体験を表現している。そして、本能的な無意識の感覚に訴えることのできる表現の媒体として“食”を扱い、感じる人に新たな問いや発見をもたらす作品を創造してきたのだ。

 

 時計の名前にある“Toge’(トゲ)”とは、日本語の“棘(トゲ)”を意味する。薔薇が持つ棘はその美しさを引き立て、日本において美味であることで知られるフグは、同様に無数の棘を持ち、適切な処理なしでは食すことのできない、非常に毒の強い危険な魚として知られている。それでも日本人は昔から危険を犯しながらもフグを味わってきた。フグや薔薇は棘や毒をもつから美しく美味なのだろうか。それとも美しさゆえに棘を身に着けたのだろうか。

 彼女は、毒や棘があってもなお、人々が本能的に手を伸ばしてしまう強い美しさや美味があると考えた。そして、日本の食文化と自然が生み出すデザインへの情熱がひとつとなり、トゥルーシンラインにフグの棘のコンセプトを採用した。棘のデザインを時計の文字盤と針に採用することにより、時計を身につけた人の内面から溢れる美しさを引き立てようと考え、トゥルー シンライン トゲが誕生した。

 実際にフグの表皮に生える針からかたちをスキャンしたゴールドの針と立体的なトゲの質感を持った文字盤は、フグの持つ猛毒と、それでもなおあじわいたい人間の美しい欲望を思い起こさせるデザインとなっている。トゥルー シンライン トゲは、ポリッシュされたブラックハイテクセラミックスが採用され、1001本の世界限定で発売される。ブラックのケースバックには、諏訪綾子氏直筆の、“TOGE”の書体が刻印されている。

 

RADO(ラドー)
トゥルー シンライン トゲ リミテッド エディション

■Ref.R27009192。SS(39mm径)。3気圧防水。クォーツ。世界限定1001本。23万1000円

 

【問い合わせ先】
ラドー / スウォッチ グループ ジャパン
TEL.03-6254-7330
https://www.rado.com/int_ja/

関連記事

  1. 祝20周年、G-SHOCKの上位シリーズ“MT-G”からカーボン素材を…

  2. SEIKO(セイコー)×SONY wena wrist(ソニー ウェナ…

  3. イタリア発、レトロな回転ディスク式のメンズ時計“トリフォグリオ”

  4. グランドセイコーがエレガンスコレクションを拡大。 新開発ムーヴメント搭…

  5. H.モーザーの人気モデル、エンデバー・センターセコンドから日本限定モデ…

  6. 日本未上陸ブランド傑作選/No.16 TATE WADE(テイト・ウェ…

  7. 【新作レビュー】SSケースのレアな“カラトラバ・ウィークリー・カレンダ…

  8. グラハムの世界限定モデルが8月1日より発売開始!

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計