復刻モデル第4弾! BALL WATCH(ボール ウォッチ)のオールドルックなダイバーズウオッチから目が離せない

 堅牢かつ信頼性の高いプラクティカルな機械式時計を展開するBALL WATCH(ボール ウォッチ)から、本格的な潜水に耐えるダイバーズウオッチ、“エンジニアマスターⅡ スキンダイバー ヘリテージ”が発売された。

 プロフェッショナルユースがコンセプトの“エンジニアマスターⅡ”は、パーツ一つひとつまで優れた操作性を追求するスポーツウオッチコレクション。最新作となるエンジニアマスターⅡ スキンダイバー ヘリテージは、1962年に開発された“BALL スキンダイバー”をルーツとするダイバーズの、復刻第4弾となる。

初代BALL スキンダイバー

 一見、古典的な“ザ・ダイバーズ”のスタイルだが、その内部やディテールには最新のテクノロジーを駆使している。タフな機械式時計を作り続けるボール ウォッチのノウハウを生かし、頑強なステンレススチールケースにネジ込み式の裏ブタとリューズをセット。一般的なダイビングでは十分な200m防水を確保した。

 一方、裏ブタ中央部をサファイアガラス製にすることで、搭載する自動巻きムーヴメントの精緻な姿を確認できるのだ。前回発売された復刻第3弾は、飽和潜水に対応するための自動減圧バルブを装備していたが、第4弾では保守性を考慮して取り除いている。

 また、逆回転防止ベゼルの表面は硬質なサファイアガラスへと変更することにより、小傷がつく心配が低減。数字と目盛りにはスーパールミノバ夜光を塗布し、文字盤と針にセットされたマイクロ・ガスライトと併せて、光の届かない水中や暗所でも優れた判読性を実現するのだ。

 その他、ベゼル側面とリューズにスリップ防止のローレット加工を施し、3時位置にデイ・デイトの表示を集約。操作性や実用性のアップグレードを果たした。そして、理念に掲げている“タフ&ディペンダブル”を象徴する衝撃耐性も、先代に続けて装備。国際標準化機構ISO1413に基づいたショックテストを実施し、機械式時計ながら5,000Gsもの耐衝撃性を備えている。

 ダイビングスケール付きの逆回転防止ベゼル、バーインデックスを配したマットブラックの文字盤、太い長短針など、現在ではオールドルックと呼ばれるダイバーズは1960年代に隆盛を誇った。今日においても主流とされるこのデザインをいち早く取り入れた、オリジナルの面影を踏襲するエンジニアマスターⅡ スキンダイバー ヘリテージは、最新機能ながらスイス製機械式時計としてはハイコストパフォーマンスな税込み20万円台前半というプライスで楽しむことが可能だ。

 

BALL WATCH(ボール ウォッチ)
エンジニアマスターⅡ スキンダイバー ヘリテージ

■Ref.DM3208B-S1J-BK。SS(42mm径)。200m防水。自動巻き(BALL キャリバーRR1102)。23万1000円

 

【問い合わせ先】
ボール ウォッチ・ジャパン
TEL.03-3221-7807
http://www.ballwatch.com/global/jp

オススメ記事

  1. 時計修理相談室 by モントルでペキニエ マニュファクチュールの製品販…

  2. モンディーンのstop2goが、蓄光を採用してリニューアル

  3. ドイツ最強(!?)、衝撃・磁気・水に強い腕時計“DAMASKO(ダマス…

  4. ファーブル・ルーバが“レイダー・シースカイ“と“スカイチーフクロノグラ…

  5. お手頃だけど、これなら大満足! 予算20万円台アンダーの実力時計本気レ…

  6. 150本限定! SEIKO(セイコー)×mastermind・JAPA…

  7. 野球ファン必見! 【ミスタージャイアンツ】長嶋茂雄氏がG-SHOCKと…

  8. テキサス発の腕時計ブランド“JACK MASON”から日本限定モデルが…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計