“時の記念日”100周年を前に子午線のまち・明石の天文科学館塔時計をリニューアル

 SEIKO(セイコー)は、今年6月10日の“時の記念日”100周年を前に、日本標準時子午線が通過する“子午線のまち”兵庫県明石市にある明石市立天文科学館の塔時計のリニューアル。2月25日(火)に工事が完了した。

 塔時計は、1960年6月10日“時の記念日”の明石市立天文科学館オープン以来、60年間にわたり日本標準時を正確に刻み続けている。塔時計を制御する塔内の親時計は、修正精度±1/100秒(0.01秒)以内の高精度だ。直径6.2m、長針3.2m、短針2.2mの大時計は塔頂54mの高度にあって電車の車窓などからもよく見え、明石のシンボルとなっている。

 現在の時計は3代目で、阪神淡路大震災で被災した2代目の後を継ぎ1998年1月17日午前5時46分に稼働した。外観の老朽化が進んだため、時の記念日100周年を前に修繕を行い、ロゴデザインを刷新。LED化により省エネを実現するとともに、視認性も向上した。

■2020年は“時の記念日”100周年

 “時の記念日”は、100年前の1920年に、当時の東京教育博物館(現在の国立科学博物館)で開催された“時”展覧会の会期中、日本人の生産性を高めるため“生活改善同盟会”が時間尊重をアピールする様々なイベントを行ったのがはじまりで、ビラ配布や街頭での時計合せなどが実施された。

 “生活改善同盟会”は、伊藤博邦氏を会長に渋沢栄一氏など政財界・教育界の有識者による日常の生活改善10項目を挙げ実践・研究を行う団体で、その第1項に“時間を正確に守ること”を掲げていた。セイコー創業者の服部金太郎もメンバーに加わり、服部時計店(現セイコー)は“時”展覧会に多数の時計を出品した。その後、日本人の時間意識は大きく変わり、現在では世界で最も時間に正確な国民性を知られるようになっている。

 東京・上野の国立科学博物館では、“時の記念日”100周年を記念し、企画展“『時』展覧会2020”を4月21日から6月21日まで開催する予定だ。
 主催は国立科学博物館、明石市立天文科学館、日本時計協会で、セイコーの時計も20点以上展示される予定だ。

<国立科学博物館“時”展覧会2020 展示予定のセイコーの時計>

国産初の腕時計“ローレル”

世界初のクオーツ式腕時計“クオーツアストロン”

【問い合わせ先】

セイコーウオッチお客様相談室
TEL:0120-061-012
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/presage

キャンペーン詳細
https://www.ballwatch.co.jp/2020_my_1st_ballwatch_campaign

オススメ記事

  1. 【わずか数日で目標金額1000%】俳優・木下ほうか氏が語るオリジナル機…

  2. 【SEIKO(セイコー)と伝統工芸の融合】プレザージュの有田焼モデルか…

  3. 【大人から圧倒的な支持を集める】メタル系G-SHOCK(ジーショック)…

  4. 【G-SHOCKとセイコーが上位を独占!?】忖度なし、読者が選ぶ欲しい…

  5. 【有村架純さんとのコラボレーション】可憐なカスミ草のブーケをイメージし…

  6. 【究極の選択!?】オリエントスターの新作、ダイバーズとモダンスケルトン…

  7. 【ビジネスシーンに効く】高級GPS&電波時計 no.005| オフィス…

  8. 【クリスマスギフトに最適】“G-SHOCK×BABY-G”今年のラバー…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計