世界限定100本のミリタリーモデルが何と約40万円! ドイツの時計ブランド“ヴェンペ”の最新作

 ドイツ・グラスヒュッテを代表する時計メーカーのひとつ、ヴェンペ(WEMPE)。以前の記事「高級宝飾店「ヴェンペ」が第2次大戦時に製造していた軍用時計とは?」で、同社が第2次世界大戦時にドイツ軍向けの軍用時計を製造し納入していた歴史について、当時の実際の時計の写真とともに紹介したが、その現代版コレクションであるツァイトマイスター アビエイターシリーズに、世界限定100本というスペシャルエディションが登場する。

 何が特別かと言うと、近年様々な高級ブランドが採用するなど、最近のトレンドのひとつとして注目を集める“ブロンズケース”が採用されている点だ。

 このブロンズケース、最大の魅力は使い込めば使い込むほど経年変化によって、ブロンズ表面が徐々に緑青色に変化して使い込んだような味わいを生み出す点だ。長い歴史を誇るヴェンペのアビエイターシリーズらしい古典的な雰囲気を使いながらにして自然と楽しめるというわけである。

ヴェンペツァイトマイスター アビエイターウォッチ XL ブロンズ リミテッドエディション。Ref.WM690021。ブロンズ(45mm径)。5気圧防水。自動巻き(ETA A07.161ベース、パワーリザーブ48時間)。世界限定100本。40万7000円(近日発売予定)

 しかもそのエイジングはどれひとつとして同じものがない。まさに自分だけのオンリーワンができあがるというのもユーザーにとっての楽しみのひとつとなるだろう。

 今回は当時の軍用時計の雰囲気を残す、45mmケースを採用したベーシックな3針モデル、アビエイターウォッチ オートマティック XLをベースに、迫力ある45mmの大振りなブロンズケースに加えて、特別にブロンズケースと相性も抜群のブラウンのカーフスキンストラップを組み合わせたことで、グッとレトロ感が強調された魅力的な仕上がりになっている。

 しかも、驚くのは価格。世界限定100本と僅少ながら40万7000円と、このコストパフォーマンスの高さも大きな魅力なのは言うまでもない。

文◎菊地吉正(編集部)/問い合わせ◎シェルマン TEL.03-5568-1234

オススメ記事

  1. 孤高の独立時計師 トーマス・ニンクリッツ

  2. ドイツ時計JUNGHANS(ユンハンス)からスポーツの祭典にちなんだ特…

  3. ストーヴァからバウハウス100周年を記念した日本限定モデルが登場!

  4. 【ドイツ時計界のトレンドを牽引】グラスヒュッテ・オリジナルの巧みな色表…

  5. ランゲ1と双璧をなす人気ファミリー“サクソニア”

  6. 希少なDUFA(ドゥッファ)の日本未発売モデルを、期間限定で特別販売

  7. ジンから秋の新作情報(2モデル)が到着

  8. ドイツ時計の魅力を再考する<テンプション>

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計