世界100本限定。ドイツ・シャウボーグウォッチの新作は愛好家のツボを押さえた1本!

 ドイツ北西部に位置するニーダーザクセン州のシャウムブルク地方にある小さな街リンテルンで、1998年に設立されたシャウボーグウォッチ。
 半導体の分野で成功を収めた実業家であり、同時に熱狂的な機械式愛好家でもある創業者のフランク・ディルバコフスキー氏のこだわりと独自性が光る意匠が、そのコレクションの特徴だ。

 そのコレクションのなかでも、伝統的なスタイルと丁寧な作り込みを追求し、機械式腕時計の醍醐味を比較的リーズナブルな価格で味わえるのが“クラソコ”である。
 そして2020年、このクラソコに100本のリミテッドエディションが発表された。

スモール クラソコ
SS(36mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.SW-20A)。世界限定100本。17万3800円(2020年5月発売予定)

 

 まず、そのサイズ感がいい。本作では従来コレクションよりも4mm小さい36mm径のケースが採用されているのだ。時計で4mmと言えば、着けたときの見た目や装着感はかなり違う。
 そしてこの小振りなケースにマッチする細身のインデックスが採用されており、洗練された雰囲気にまとめられている。

 さらに本作で特別感を演出しているのが、秒針、日付け表示、“12”時にあしらわれたレッドカラーのアクセントだ。エナメルラッカーでコーティングされ、艶やかな仕上がりとなったホワイト文字盤とのカラーコンビネーションは、日本国旗からインスピレーションを受けたものだという。
 
 機械式愛好家のツボを押さえた魅力的な仕上がりながら、価格は17万3800円とかなり良心的になっている点も見逃せないだろう。

人口わずか2万7000人ほどの小さな街であるリンテルン。何世紀も続く古い建造物が立ち並ぶメインストリートの一角にシャウボーグウォッチのアトリエはある

 

【問い合わせ先】
ユーロパッション(TEL.03-5295-0411)
www.europassion.co.jp/schaumburg/

 

オススメ記事

  1. 日本初のSINN(ジン)の専門店“ジン・デポ渋谷”がオープン

  2. バーゼルワールド2018<ノモス>②

  3. 高品質な仕上がりながら価格を抑えたチュチマの戦略モデルがすごい

  4. 新生チュチマを象徴する“ザクセン”コレクションが日本初上陸!

  5. 【開発責任者インタビュー】新天地ラング&ハイネで目指すイェンス氏の時計…

  6. A.ランゲ&ゾーネとヴェンペの事業提携25周年記念モデルが発表

  7. ドイツ時計の魅力を再考する<ノモス>

  8. 昔ながらの製造方法で生み出す高品質ミラネーゼブレス

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計