時計全体が錆びていく!? 経年変化を楽しむインテリア置き時計、“イース”に注目してみた!

 クラウドファンディングサイトを見て、面白い商品を探すのが趣味な編集部・松本が、国内最大級のクラウドファンディングサイト“Makuake”にて面白い置き時計を発見したので紹介します。

 それが、盤面に錆が育つ置き時計“ease(イース)”です。

 今回紹介するイースは、金属素材の中で高い耐久性を持つ“耐候性鋼”と、その特徴である“錆の美しさ”を普及するために、建材メーカーで商品開発を行う“NAGOMI事業部”が手掛けたプロダクトブランド。

 時計すべてが“鉄”でできており、その盤面に錆が育つのを楽しむというユニークな置き時計です。“錆を飾る”という新しい体験を通して、経年変化する表情を楽しみながら、忙しい日々に一息ついてほしいと誕生したそうです。

 また、採用されている鉄はただの鉄ではありません。一般的に錆は金属の耐久性を損なう、避けるべきものとして扱われます。ですがイースに採用された鉄は“耐候性鋼”という、錆びても脆くならない素材でできているため、半永久的に錆の経年変化を見ることができます。

 分針と秒針、インデックスはなく、あるのは時針のみ。これは、分刻みではなく大まかな感覚で時間を示すことで、見る人にゆったりとした時間を過ごしてほしいという思いが込められており、ざっくり時間だけを表示するミニマルなデザインによって、時間に追われる感覚から解放してくれるというわけです。

 経年変化というのは温度や湿度、日当たりなど、環境によって変わっていくものです。ユニークな時計が好きなので、自分だけの、唯一無二の時計が出来上がるという点が素敵に感じました。また、一つひとつ経年変化で個性が出てくるので、プレゼントに贈っても最適だと思います。

 イースは裏面が異なる2種類のタイプで登場。ひとつクルミ材の木を用いたwalnutと、耐候性鋼板を使用したSteel Shadowです。クラウドファンディングは5月25日(月)までと、10日を切っているので、ぜひ“錆びのインテリア”としてデスクの上に飾ってみてはいかがでしょうか。

【Makuake 掲載ページ】
https://www.makuake.com/project/nagomi-artsteel/

 

ease(イース)

■(左)walnut。1万7000円。(右)Steel Shadow。1万4000円。耐候性鋼(150×150mmサイズ)。クォーツ

 

文◎松本由紀(編集部)

【問い合わせ先】
フロント/NAGOMI事業部
@ease_nagomi (Instagram)
https://www.makuake.com/project/nagomi-artsteel/

オススメ記事

  1. 日本未上陸ブランドファイル-02:電撃復活を果たした、IKEPOD(ア…

  2. 30周年を迎えたプロマスターから、モンベルとのコラボモデル第三弾が登場…

  3. 【半透明のケースで個性を演出!】TIMEX(タイメックス)の人気“コマ…

  4. スイスの老舗ブランド、“ティソ”が日本向けの公式オンラインストアを開設…

  5. なんと予算1万円! 夏に大活躍する20気圧防水のソーラーウオッチ

  6. スウォッチから2021年の干支をデザインしたスペシャルモデルが登場!

  7. セイコー プロスペックスからタウンユースに最適な新作が登場

  8. スントの新作は、最長120時間連続で使える最強のスポーツウォッチ

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計