“シチズン エコ・ドライブ ワン”のスーパーチタニウムモデルに初めてデュラテクトDLC加工を採用

 世界最薄1mm厚の光発電エコ・ドライブムーヴメントを搭載した“CITIZEN Eco-Drive One(シチズン エコ・ドライブ ワン)”から、初めてケースとブレス両方にシチズン独⾃の表⾯硬化技術デュラテクトDLCを施したスーパーチタニウムモデルが発売される。

 ケースとブレス双⽅にデュラテクトDLCを施したのは、“シチズン エコ・ドライブ ワン”のスーパーチタニウムモデルでは初となる。
 デュラテクトDLCはすりキズに強く、滑らかさと美しい艶のあるブラックカラーが特徴。機能や華美な装飾を削ぎ落し、3.5mm(設計値)の厚さを実現したブラックカラーのケースに、文字盤の繊細な幾何学パターンや部分的にあしらったピンクゴールドカラーが組み合わさり、印象的なコントラストを作り上げた。36.5mm(設計値)のケース径で、男⼥問わず着用できるサイズだ。

【商品特徴】

■“シチズン エコ・ドライブ ワン”スーパーチタニウムモデル初のデュラテクトDLC
 “シチズン エコ・ドライブ ワン”スーパーチタニウムモデル初の、表⾯硬化技術デュラテクトDLCをケースとブレスに施した限定モデル。DLCは⼯業製品にも使⽤されている耐摩耗性に優れた技術で、“Diamond-Like Carbon”の略である。
 シチズンのデュラテクトDLCは中間素材にこだわることで密着性が向上し、剥がれにくく耐久性に優れている。また硬さを表す尺度のひとつであるビッカース硬度は1000〜1400Hvを実現している。(ステンレスのビッカース硬度は約200Hv)

■ブラックとピンクゴールドカラーのコントラスト
 ケースやブレス、文字盤のブラックカラーに部分的にピンクゴールドカラーをあしらうことで、コントラストが印象的なモデルに仕上げられている。
さらにサファイアガラス製の文字盤には、繊細な幾何学模様が施されており、⾒る⾓度によって表情の変化を楽しむことができるのもポイントだ。

■スーパーチタニウムを採⽤
 シチズン独⾃のスーパーチタニウムは、“軽量(ステンレスより約40%軽い)”“硬い(ステンレスの約5倍の硬度)”“錆びにくい”“肌に優しい”という性質をもつ素材。本限定モデルは⾦属アレルギーを起こしにくい素材を使⽤した、耐メタルアレルギー仕様でもある。

■世界最薄1mm(設計値)のエコ・ドライブムーヴメント
 限られたスペースにパーツを収めるために、構造や加⼯⽅法を根本から⾒直すことで光発電時計において世界最薄を実現。
 また、⻑年取り組んできた低消費電⼒化により、薄さを保ちながらフル充電から12ヶ⽉駆動が可能となっている。

【商品仕様】

Ref.AR5035-55E。TI(36.5mm径)。⽇常⽣活⽤防⽔。光発電エコ・ドライブ(Cal.8826)。世界限定200本。58万3000円
※特定店取扱いモデル、2020年6⽉18⽇発売予定

※価格、発売⽇は予定。

【問い合わせ先】

シチズンお客様時計相談室
TEL:0120-78-4807
シチズン エコ・ドライブ ワンスペシャルサイト
https://citizen.jp/one/special/index.html

オススメ記事

  1. “ブルガリ”の人気スケルトンウオッチから、日本限定モデルが登場

  2. 売り切れ御免、“Luminox(ルミノックス)”の数量限定リミテッドモ…

  3. 【開発秘話聞いてきました】G-SHOCK 初、心拍計・GPS 搭載をし…

  4. これからの季節にこそ似合うパネライのルミノール マリーナ|SIHH20…

  5. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.01】 A.ランゲ&ゾ…

  6. 8月4日発!【WLN新作ニュース】モーリス・ラクロア/グランドセイコー…

  7. シチズンから、80年代にヒットしたアナログとデジタル混合モデルが復活!…

  8. “セイコー×ナノ・ユニバース”、発売後に即完売したコラボレーションモデ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計