ヴァシュロン・コンスタンタンのプラチナを用いた特別なコレクションに“パトリモニー・ムーンフェイズ・レトログラード・デイト”が登場

 VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン・コンスタンタン)のプラチナを用いた特別限定モデルのみで構成される“コレクション・エクセレンス・プラチナ”に、“パトリモニー・ムーンフェイズ・レトログラード・デイト”が加わった。


 2006年に発表された、プラチナ素材を採用した時計を展開する“コレクション・エクセレンス・プラチナ”。年に1ないし2モデルのペースで最もシンプルなものからコンプリケーションモデルまで様々なモデルを発表してきた。

 本コレクションに採用されているプラチナは、高級ブランドのジュエリーにも使われる“プラチナ950”という種類。プラチナのもつ美しい輝きをそのままに、時計をキズから守るためにパラジウムやルテニウムを混ぜ、硬度を高めた素材である。
 時計のケースや文字盤、クラスプはすべてこのプラチナ950で作られ、ミッドナイトブルーのアリゲーターレザーベルトもプラチナとシルクの糸を縒った糸で手縫いされている。特に文字盤にプラチナが使われているのは、このモデルにおいて特質すべきポイントだ。

 そんな特別なコレクションに新たに加えられた“パトリモニー・ムーンフェイズ・レトログラード・デイト”は、2017年にホワイトゴールド製とピンクゴールド製で発表され、ヴァシュロン・コンスタンタンを代表するモデルのひとつに数えられるモデルだ。1950年代に同ブランドが製作した数々の時計から着想を得た、“パトリモニー”コレクションのなかの1シリーズであり、そのエレガントで控えめな表情や独創的な表示スタイルにはひと目でヴァシュロン・コンスタンタンとわかる個性が体現されている。

 そんなタイムレスでエレガントなデザインが魅力の本作に搭載されているのは、高精度のムーンフェイズとレトログラード針によるデイト表示の機能。さらに使い勝手の良さを重視し、これらの機能の調整がすべてリューズのみで行えるようになっているのもポイントだ。

 またサンドブラスト仕上げの文字盤には、4時と5時の間に“Pt950”のホールマークがシークレットサインとして刻まれている。6時位置に見えるムーンフェイズのディスクもまたプラチナ製で、星にはポリッシュ仕上げ、月のモチーフにはグレイン仕上げを施して月の不規則な表面を模している。
 周縁部より微妙に隆起したドーム型の文字盤は、18Kホワイトゴールドのインデックスで区切られ、インデックスの間には同じくホワイトゴールドによる、“パール”と呼ばれる丸いドットのミニッツトラックが配されている。バトン針にも同素材が用いられた一方、ポインターデイト針は視認性を考慮してブルーに彩られている。

 本作に搭載されたのは、40時間のパワーリザーブが備わる自社製自動巻きキャリバー2460 R31Lだ。透明なサファイアケースバックからは275個の部品から成るムーヴメントの姿が見え、メインプレートの表面を幾重にも円が重なるようなデザインのサーキュラーグレイン仕上げやヴァシュロン・コンスタンタンのシンボルマークのマルタ十字から着想したオープンワークの22Kゴールド製ローターを鑑賞できる。

 6時位置に配されたムーンフェイズは、前回の新月からの経過日数を意味する月齢が窓を取り囲む291/2の目盛で読み取ることができる。この搭載されたムーンフェイズは、正確に29日12時間45分で地球をひと回りする月の実際の周期に合わせて表示を行い、その精巧な機構は122年毎に1度だけ、1日分の誤差修正しか必要がないという非常に高度なもの。
 特別なプラチナ素材のモデルを引き立てるように、同ブランドが誇る高度な技術が盛り込まれた本作。ブティック限定での発売となり、入荷は近日を予定している。

Ref.4010U/000P-B545。Pt(42.5mm径)。自動巻き(Cal.2460 R31L)。3気圧防水。世界限定50本。予価774万4000円(税込)。
※ブティック限定モデル、近日入荷予定

文◎佐波優紀(編集部)

【問い合わせ先】

ヴァシュロン・コンスタンタン
TEL:0120-63-1755
ヴァシュロン・コンスタンタン 公式サイト
https://www.vacheron-constantin.com/jp/home

オススメ記事

  1. 【WLN女子部発】ナビタイマー初! 注目のレディースモデルの新作を見て…

  2. 60年代の人気ダイバーズをモダンにブラッシュアップした“ラドー”の新作…

  3. 【WLN女子部発】初クォーツ搭載! 小振りになったヴァシュロン・コンス…

  4. 【アンティーク軍用時計の実力店が製作】戦闘機に搭載されたコックピットク…

  5. JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)、新作をヴェネツ…

  6. 【注目の日本未上陸ブランド】アンダー10万円で手に入るラグスポウオッチ…

  7. 【懐かしのゼビウスやパックマンが腕時計に!?】ナムコミュージアムと“ラ…

  8. 【3色の限定モデルが登場】70周年を迎えたORIENT(オリエント)の…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計