【アンティーク顔なのに機能は最新!?】80時間パワーリザーブを備えた“復刻モデル”3選

 ひと昔前は高額モデルが主流だったが、最近では手頃な10万円台からロングパワーリザーブモデルを狙える時代に突入。そこで、今回は少しひねりを加えて、アンティーク顔なのに、80時間パワーリザーブという欲張りな復刻モデルを厳選してみた。

もはや80時間パワーリザーブは当たり前の時代!?

 これまで機械式ムーヴメントの駆動時間は約38~42時間が標準とされてきたが、シリコン製ヒゲゼンマイの開発など、素材の進化に伴って自動巻きのロングパワーリザーブ化が急激に促進。従来はロングパワーリザーブモデルといえば高額なものが主流だったところ、驚くべきことに10万円台という少し頑張れば手が届く価格帯で、ロングパワリザーブのモデルが見られるようになっている。

 いまのところはスウォッチグループ傘下のブランドやボール ウォッチのようにムーヴメント開発環境に恵まれたブランドに留まっているが、いずれもコストパフォーマンスに優れた良作揃い。80時間パワーリザーブのモデルは、もはや決して珍しいスペックではなくなっているのだ。

 そこで、今回はロングパワーリザーブをセレクトのベースにしつつ、さらにヒネリを加えて時計を厳選。一見すると、アンティークウオッチのようなデザインなのに、実は最新の80時間パワーリザーブを備えた“復刻モデル”を紹介していこう。

 

》編集部のおすすめモデル-其の1
MIDO(ミドー)
オーシャンスター デコンプレッション タイマー1961
 1960年代に製造された名作ダイバーズ“オーシャンスター スキンダイバーウォッチ”の復刻モデル。水深25~29メートルはイエロー、30~34メートルはグリーン、35~39メートルはピンク、40~44メートルはブルーで減圧時間を表示し、潜水時間や減圧停止時間を計算することができる。
 機能性に加え、そのアイコニックなデザインが当時人気を博しており、復刻モデルでもカウントダウンタイマー付き回転ベゼル、ボックスサファイヤクリスタル風防、文字盤のカラーテーブルなど当時の印象的なコードを復活。
 さらにミドーが誇るCal.80を搭載することで最大80時間のパワーリザーブを実現。アンティーク感を醸しながら最新のスペックを備えている。

■Ref. M026.807.11.051.00。ステンレススチールケース&ブレス。ケース径40.5mm。20気圧防水。自動巻き(Cal.80)。世界限定1961本。14万7400円(8月発売予定)

【問い合わせ先】
ミドー/スウォッチ グループ ジャパン(TEL. 03-6254-7190)
https://www.midowatches.com/jp/swiss-watches-collections/sport-watch-ocean-star

 

》編集部のおすすめモデル-其の2
RADO(ラドー)
ゴールデンホース 1957
 1957年にラドー初のモデル名をもつコレクションとして発表されたゴールデンホース。当時としては画期的な12気圧の優れた防水性を備えたこのモデルは凸型のボンベ文字盤をもち、12時位置には自動巻きムーヴメントの採用を意味する動く錨を模したロゴを装備した。
 このモデルは、そんな発表当時のゴールデンホースの特徴を忠実に再現した復刻モデル。ブラックとレッドのグラデーション文字盤には凸状のボンベ文字盤を採用。6時位置には、オリジナルモデルと同じフォントを使用した“Golden Horse”の文字とともに、向き合うタツノオトシゴのアップライトロゴがあしらわれている。
 ムーヴメントは80時間パワーリザーブを備えたCal.ETA C07.611を搭載。これだけこだわりを盛り込みつつ、10万円台という価格なのも大きな魅力だろう。

■Ref.R33930355。SS(37mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal. Cal.ETA C07.611)。世界限定1957本。19万8000円

【問い合わせ先】
ラドー/スウォッチ グループ ジャパン(TEL. 03-6254-7330)
https://www.rado.com/int_ja/collections/golden-horse

 

》編集部のおすすめモデル-其の3
HAMILTON(ハミルトン)
カーキ フィールド メカ
 ベトナム戦争時にあった1960年代、ハミルトン(ほかメーカーでも製造)が、当時の軍用品調達規格MIL-W-3818Bの仕様に基づき、アメリカ軍に供給した軍用時計を忠実に復刻した人気モデル。
 モチーフとなったモデルは使い捨てタイプの軍用時計が普及する以前のもので、オリジナル同様、防塵、防水に優れたつや消しステンレススチールケースに、ベーシックなセンターセコンドの手巻きムーヴメントCal.H-50を搭載。オリジナルモデルはせいぜい30~40時間パワーリザーブであったが、復刻モデルでは約80時間ものロングパワーリザーブを実現している。
 オリジナルが活躍していた当時のレトロな雰囲気をしっかり漂わせながら、現代の時計製造技術や最新のムーヴメントを採用することで、時計としても非常に洗練された仕上がりとなっている。

■Ref.H69439931。SS(38mm径)。5気圧防水。手巻き(Cal.H-50)。6万3800円

【問い合わせ先】
ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン(TEL.03-6254-7371)
https://www.hamiltonwatch.com/ja-jp/h69439931-khaki-field-mechanical.html

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. ついにアンダー40mmを実現! セイコー アストロンから世界最小キャリ…

  2. ファーブル・ルーバが企業のエベレスト登頂をサポート

  3. アウトドアにも最適、環境問題を考えた“ジャックメイソン”の新作ソーラー…

  4. ミッキー生誕90周年限定、ダミアン・ハースト製作のアートウオッチ!

  5. 【知っておきたい腕時計の基本】なぜ時計は磁気に弱い?

  6. 予算3万円台! 編集部:船平のカジュアル時計レビュー/ドイツの個性派“…

  7. 【スイミング用】心拍数が計測できるGPSスマートウオッチ“Garmin…

  8. グラデーションで時を表現する究極のミニマルウオッチ、“ZIIRO(ジー…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計