【ブランド史上最薄ケース!】スイスブランドMIDO(ミドー)のバロンチェッリコレクションから限定モデルが登場

 スイス・ジュラ渓谷の麓、ル・ロックルに本拠地を構え、タイムレスなデザイン、高品質な素材、技術革新という、ブランドのDNAを100年以上にわたり守り続けている“MIDO(ミドー)”。

 そんなミドーの主力コレクション、“バロンチェッリ”から数量限定モデルが発売された。

 ケース厚7mmという、ブランド史上最薄となるケースをもつ、バロンチェッリ スモールセコンド リミテッドエディション。

 ブラックラッカーの優美な文字盤と、洗練されたローズゴールドPVD加工がなされたケースがマッチした、エレガントな組み合わせが特徴的だ。また、無駄をそぎ落とした合理的で優美なデザインと、6時位置に配されたスモールセコンドは、ブランドのクラシックな時計の伝統を反映している。2020本の世界限定であり、裏ブタにはそれぞれ限定数のシリアルナンバーも刻印されている。

 クラシックな表情でありながら、ブラックとゴールドの現代的なカラーリングでまとめあげられた新作から、目が離せない。

 

MIDO(ミドー)
バロンチェッリ スモールセコンド リミテッドエディション

■Ref.M037.405.36.050.00。SS(ローズゴールドPVD加工、39mm径)。3気圧防水。手巻き(Cal.MIDO ETA 7001)。世界限定2020本。15万4000円

 

【問い合わせ先】
スウォッチ グループ ジャパン / ミドー事業本部
TEL.03-6254-7190
www.midowatches.com

オススメ記事

  1. 【2020年新作時計速報】エルメス(HERMÈS)

  2. 奇才“ダリ”を思わせるヒゲに注目、木材の質感を活かしたユニークな鳩時計…

  3. パリ発、“アレットブラン”からマザーオブパールを使用した初夏の新作をお…

  4. マンネリ感を打ち破れ! “ビタミンカラー”の腕時計がじわりと勢力を拡…

  5. 200年にわたり時計を作り続けるトップメゾン“CHAUMET(ショーメ…

  6. 【4月24日先行販売開始】オリスと本格デニムブランド“桃太郎ジーンズ”…

  7. 新作時計を価格別に紹介!【10~30万円②】

  8. コンスタンチン・チャイキン氏の手がける腕時計“ジョーカー”が日本本格上…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計