【グランドセイコー誕生60周年記念】初代グランドセイコーの復刻モデルが登場

 GRAND SEIKO(グランドセイコー)は、1960年に誕生した初代モデルを現在のグランドセイコーが持つ最高の技術とデザインでよみがえらせた“初代グランドセイコーデザイン復刻モデル”3機種を発売した。


“初代グランドセイコー”
 当時、最も高精度なスイス公認歩度検定局によるクロノメーター規格(優秀級)と同等の精度を実現した“グランドセイコー”(初代モデル)を1960年12月18日に発売した。
 初代モデルは80ミクロンの14金の金貼り仕様で、当時の小売価格は2万5000円。当時の上級国家公務員の初任給が1万2000円であったことを考えると、破格の高級品であったことがわかる。その後セイコー初のプラチナ素材を採用したモデルを14万円でごく少数で展開している。

≪商品特徴≫

 今回のコレクションは、初代モデルの造形を再現するだけでなく、現代のニーズに合わせてより使いやすい仕様に改善されている。
 オリジナルの初代モデルと比べて35mm径から38mm径にサイズアップしたケースやデュアルカーブサファイアガラスの採用により、初代モデルが持つ堂々とした佇まいを残したまま、視認性や装着感が向上している。

 裏ブタは初代モデルのフォルムを踏襲した一方、サファイアガラスによるシースルーバックを採用。精緻な鼓動を刻むムーヴメントの様子を覗き見ることができる。

 また日常の使いやすさを考慮して、3機種すべてにワンプッシュ三つ折れ方式のバックルを採用。着脱時の動作をスムーズにすることで、より快適で使いやすいモデルとして復刻を果たした。

“プラチナ950製モデル”
 当時、ごく少数のみが製造されたプラチナモデルを、高級ブランドのアクセサリーにも用いられるプラチナ950製を採用して復刻。プラチナモデルのみに採用した18金ゴールド製の文字盤には、オリジナルの初代モデルと同じ書体で“GrandSeiko”のロゴが彫刻されている。
 また18金ゴールド製のインデックスとSD(SpecialDial=貴金属のインデックスを採用した文字盤)マークが6時位置に配されており、美しい輝きを放っている。

“18金イエローゴールド製モデル”
 初代グランドセイコーの意匠を最も強く受け継ぐイエローゴールド製モデルは、12時位置に凸型に加工された立体的なイエローゴールドカラーのGrandSeikoロゴが施されている。またプラチナモデルと同様、18金ゴールド製のインデックスと、インデックスが金無垢であることの証として6時位置にはSDマークが配されている。

“ブリリアントハードチタン製モデル”
 2017年にグランドセイコーのために開発された素材“ブリリアントハードチタン”製のモデルも登場。
 “ブリリアントハードチタン”は、JIS2種の純チタンと同様に軽量なだけでなく、ビッカース硬度(硬さを表す尺度のひとつ)がステンレススチールの約2倍で、傷がつきにくいのが特徴の先進的なチタン合金素材だ。

 これまでの純チタンよりも白い素材の表面を、熟練の研磨師が“ザラツ研磨”を駆使して磨き上げることで美しい質感を実現。軽量なチタンに美しい加工を施したケースと、ブランドカラーであるグランドセイコーブルーの文字盤が響きあう特別なモデルだ。

 実用時計の最高峰として知られるグランドセイコーの初代モデル。その復刻版となる本作では、ドーム型の風防や丸みを帯びた文字盤やSマークを配したリューズといった当時のディテールの多くを現代の技術で再現している。
 そうした当時のデザインを踏襲しながら、初代グランドセイコーの雰囲気を楽しめる18金モデルに、洗練された美しい雰囲気漂うプラチナモデル、そしてモダンでスタイリッシュな魅力を感じるブリリアントハードチタンモデルをラインナップ。それぞれ異なる個性が、新たな魅力となり生まれ変わった。

≪商品仕様≫

“グランドセイコー”エレガンスコレクション初代グランドセイコーデザイン復刻モデル

Ref.SBGW257。Pt(38mm径)。3気圧防水。手巻き(Cal.9S64)。440万円※発売中

Ref.SBGW258。K18YG(38mm径)。3気圧防水。手巻き(Cal.9S64)。308万円※発売中

Ref.SBGW259。TI(38mm径)。3気圧防水。手巻き(Cal.9S64)。93万5000円※発売中

文◎佐波優紀(編集部)

【問い合わせ先】

セイコーウオッチお客様相談室
TEL:0120-061-012
グランドセイコー 公式サイト
www.grand-seiko.com

オススメ記事

  1. 大坂なおみ選手が試合で着ける腕時計、最新モデルが発売決定!

  2. 日本初上陸! スイスメイドにこだわる腕時計ブランド“クリュ オートマチ…

  3. ユンハンス <テラスビルディング>100周年記念モデル

  4. 8月20日発!【WLN新作ニュース】ティソ/ローラン・フェリエ

  5. アラームウオッチが何と驚きの1億円超え、しかも限定30本という数の多さ…

  6. 日本市場へ本格導入が決定!フレコンのスマートウオッチ

  7. 70年代の“ローラー型アナログデジタル時計”がモダンなスタイルで復活!…

  8. 【シチズン新作情報】“情熱の赤”をテーマにメンズ・レディース全9モデル…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計