【編集部が実機レビュー】日本初上陸のドイツブランド|DETOMASO(デトマソ)の機械式モデル、“ビアジーオ オートマティック”

日本初上陸を果たしたドイツの時計ブランド、“DETOMASO(デトマソ)”。1970年代に製造されたクラッシックカーからインスピレーションを得た機械式モデル“ビアジーオ”を、編集部が実機でレビュー。

DETOMASO[デトマソ]
ビアジーオ オートマティック

【SPEC】
■型番:Ref. D06-03-01
■ケース素材:316Lステンレススチール
■ケース径:42mm(ケース厚13mm)
■防水性能:5気圧防水
■ムーヴメント:自動巻き(SII製Cal. NH35/毎時2万1600振動/パワーリザーブ約40時間)
■機能:時・分・秒表示、デイト表示
■国内販売予定価格:6万2000円
※クラウドファンディングサイト“Makuake(マクアケ)”にて先行発売

 

イタリアからインスパイアされた意匠とドイツらしい堅実な作り

 時計王国スイスの隣にありつつ、スイスの時計とは異なる歴史と発展を遂げてきたドイツの時計界。日本の時計ファンの間でも、堅牢な作り、質実とした意匠など、ドイツ時計に関するパブリックイメージは広く浸透しているが、実は、ドイツ時計と一口にいっても、そのウオッチメイキングは様々。ドイツ時計を象徴するジャンルとなったバウハウス系のシンプルウオッチ、グラスヒュッテの高級時計以外にも、まだ日本では知られていない多様な時計が存在しているのだ。

 “DETOMASO(デトマソ)”も、そんなブランドのひとつ。20年ほど前にIT起業家だった人物によって創設された時計ブランドなのだが、そのコンセプトがなかなか面白い。創業者が1960代のビンテージカブリオレでイタリアを旅行した経験がブランド創設のきっかけとなっており、ドイツブランドでありながら、イタリアのライフスタイルやカルチャーにオマージュを捧げたコレクションを展開しているのだ。

 今回レビューする“ビアジーオ”は、イタリア語で“旅行”を意味する自動巻きムーヴメント搭載の機械式コレクション。一見すると、ドイツブランドらしいシンプルデザインの3針モデルに見えるが、スピードメーターからインスパイアされたすり鉢状の文字盤、バンパーをモチーフにしたラグなど、1970年代に製造されたクラッシックカーからインスピレーションを得たデザインを採用しており、ディテールにそこはかとなくイタリアンな雰囲気と遊び心を感じさせるのが印象的だ。

 2020年には、ユニークかつ洗練されたデザインに加えて、素材、作りに関して確かなクオリティを備えていることが評価され、世界的に知られるレッド・ドット・デザイン・アワードでプロダクトデザイン賞を獲得。名実ともにデトマソを代表するモデルとなっている。

 コレクションとしては、ブルー、グレー、アイボリーの3色をラインナップしているのだが、今回は、個人的に最も気に入ったアイボリー文字盤採用モデルを紹介していこう。

 


【着けてみました】

 すり鉢状の立体的な文字盤に加えて、自動巻きムーヴメントを搭載しているため厚さ13mmとややボリューム感のあるフォルムだが、40mm径と程よいサイズ感に加えて、傾斜を付けたラグにより装着感は良好。ベゼルを薄くデザインしているため時計単体で見たときは少し大きめの印象だったが、実際に着けると筆者の手首(約17センチ)の内側に納まるバランスであったことも好印象だ。ケースのマットな質感、文字盤の色合いも上品なので、カジュアルはもちろん、ジャケットスタイルのアクセントとしても合わることができそうだ。

 

【Detail Check】

》確かな素材と程よい厚さを備えたケース
 ケースの素材は316Lステンレススチール、風防にはサファイヤクリスタルガラスを採用。厚さは13mmとYシャツに合わせるにはややボリューム感のあるデザインなので、普段使いや少しラフなビジネスカジュアルに合わせたい。ケースサイドを裏ブタに向けて逆台形にすることで、実寸よりもすっきりした印象に仕上げているのもポイントといえるだろう。


》裏ブタはシースルーバック仕様
 ムーヴメントは、セイコーインスツル製のCal. NH35を搭載。パーツの仕上げは簡素だが、“LIVE THE MOMENTUM(勢いをつける)”の文字をデザインしたローターが個性をプラス。シースルーバックの裏ブタから、自動巻きムーズメントの動きを楽しめるのも魅力といえるだろう。


》手作業で仕上げたイタリア製レザーベルト
 環境保護政策を積極的に推進しているドイツのブランドらしく、デトマソでは、“継続可能なものづくり”をコンセプトに採用。レザーベルトは環境に負荷をかけにくい植物タンニンでなめし加工を施した素材を使用し、イタリアの職人が手作業で製作している。ケースに合わせてやや厚みのある仕立てになっているが、柔らかいレザーを採用しているので、購入直後でもストレスなく装着可能。手首にしっくりと馴染んでくれるはずだ。

 

 デトマソは、クラウドファンディングサイト“Makuake(マクアケ)”で、日本初上陸を記念した先行発売プロジェクト(8月10日まで)を実施している。日本での一般流通に先んじて購入できるのに加え、クラウドファンディングだけのお得な価格で手に入れることができるので、気になった人はチェックしてみてはいかがだろうか。

 

【問い合わせ先】
モントルロロイ(TEL.03-5728-5321)

【購入サイト:デトマソ“Makuake”支援ページ

 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 創業100周年を迎えたミドーがレディースウオッチのデザイン投稿キャンペ…

  2. 不滅の人気を誇るRICHARD MILLE(リシャール・ミル)定番モデ…

  3. 【新作ウオッチレポート】グッチがバーゼルワールド2019にて、魅力的な…

  4. 新作時計を価格別に紹介!【10万円アンダー②】

  5. 【10万円台とは思えない抜群の雰囲気に注目】 往年の人気モデルを再現し…

  6. クロノスイスの2019年新作。オランダで活躍する小林選手をリスペクトし…

  7. 【セイコー プレザージュの新作は麻の葉がモチーフ!?】新コレクション、…

  8. BERING(ベーリング)から最小27mm径を加えた新商品5種が発売!…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計