【手持ちのベルトをDバックル仕様に!?】CASSIS(カシス)の交換用Dバックルに注目

意外なほど簡単に装着可能、便利な交換用“Dバックル”

 カシスは20年以上にわたってベルトの販売を行ってきたシンシアーが手がける腕時計ベルトのセレクトブランド。世界中から品質やデザインに優れたモデルを厳選しつつ、幅広いアイテムを展開している。

 今回注目したのは、手持ちの革ベルトに装着できるDバックル。オーソドックスなピンタイプの尾錠から手軽に交換でき、高級感もアップ。不意に時計を落下させる心配も少なくなる便利なアイテムだ。

 通常のステンレススチールからゴールド、ブラックと様々な時計に対応し、ミラーとサテン、二つの仕上げを揃えているため様々な時計に合わせることができる。時計の装着も楽になり、革ベルトの消耗も大幅に低減できることを考えれば、そのコストパフォーマンスの高さは抜群だ。

》バネ棒外しさえあれば、誰でも簡単に交換できる!

 通常のピンバックルからDバックルへの交換は非常に簡単。尾錠のバネ棒を押して外し、そのままDバックルを同様に装着するだけ。多少不器用でも問題なく行えるはずだ。交換する際にはサイズがあるので、尾錠幅をチェックして同じサイズを購入するようにすれば良い。

 実際の手首に合わせてサイズを微調整しながら、自分の手首のサイズに合わせて小穴につく棒を差し込んで装着完了。フィット感の調整も簡単で、多少手首が太くても調整次第で合わせることができるうえに、時計の着脱はピンタイプの尾錠よりもぐっと楽になる。

 

》編集部のおすすめモデル-其の1
CASSIS(カシス)
PBF D-BUCKLE

 ステンレススチールを使用した観音開きタイプのDバックル。 手持ちのレザーベルトから尾錠を外してこのバックルを装着することで、ワンタッチで着脱可能なDバックルとして使用することができる。一般的な尾錠タイプのベルトは、ベルト穴につく棒を通して使用するため、何度も使用するとレザーを傷めてしまうが、Dバックルはつく棒を挿し込んだままで使用できるのでダメージを軽減。ベルトの寿命を格段に長持ちさせることができる。

■サイズは10mm、12mm、14mm、16mm、18mm、20mm、22mm、24mmの8種。ミラーとサテンの仕上げ違いで、シルバー、ブラック、イエローゴールド、ローズゴールドの4色を展開。シルバーは4400円、それ以外は5500円

 着脱時にはサイドのボタンを押すことでバックルが外れる。金属ベルトのようにイージーな着脱が可能で、見た目もかなり締まった雰囲気になる。

【問い合わせ先】
シンシアー(TEL.042-438-4011)
https://www.cassis-watch.jp

 

》編集部のおすすめモデル-其の2
CASSIS(カシス)
PBF D-BUCKLE/2

つく棒の穴を隠すことができるデザインのバリエーション。見た目がスッキリした印象になるのが魅力。4400円(ゴールドは5500円)

【問い合わせ先】
シンシアー(TEL.042-438-4011)
https://www.cassis-watch.jp

文◎巽 英俊

オススメ記事

  1. 70年代のダイバーズからインスパイアされたSPINNAKER(スピニカ…

  2. 【WLN女子部発】大人の女性にすすめたい“一生モノ”時計3選

  3. 【WLN女子部発】くるくる回る花の動きが可愛いGirard-Perre…

  4. アメリカ発ブランドの“ジャックメイソン”から、オンライストアでしか買え…

  5. ロックマンとデビルマン&キューティーハニーがコラボ!

  6. 【実機拝見!】美しさにこだわるモリッツ・グロスマンらしい初のGMTモデ…

  7. 【70時間パワーリザーブでCOSC認定も取得】“ノルケイン”の日本限定…

  8. 新作時計を価格別に紹介!【30~50万円】

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計