【約30年の時を経て復活】ニキシー管を採用した⾼級インテリアクロック、“YATAGALLAS”

 カジュアルウオッチをはじめ、駅のホームにある電光掲示板など、様々なプロダクトで採用されているデジタル表示。

 伝統的なアナログ表示(針で時間経過を表示する方法)に比べると新しい表示方法なのは確かだが、その歴史は意外に古く、100年以上前から使われていたとされるフリップ式時計(数字が書かれた板を回転させて時間を表示する)をはじめ、1970年に登場したLED、現在主流となっているLCDや有機ELディスプレイなど、様々な表示技術が生み出されている。

 今回紹介する“YATAGALLAS(ヤタガラス)”は、そんなデジタル表示のなかでも“ニキシー管”と呼ばれる独特な表示技術を採用している日本発の高級インテリアクロックブランドだ。

 “ニキシー管”とは、1956年に米国バローズ社が商品化したネオン式数字放電管のこと。少量のアルゴンおよび水銀を加えたネオンガスを封入した真空のガラス管に数字をかたどった電極を配し、その電極に電流を流して数字を光らせるのだが、グロー放電により火色(ひいろ)に光る文字は視認性が良く、表示速度が早い、発熱量が低いなどの特徴を備えている。

 最盛期である1960年代〜70年代には電子計算機から空港の電光掲示板まで、様々なプロダクトに採用されていたのだが、LCDなどの小型で低消費電力の表示装置の台頭により姿を消し、1990年頃には世界的に⽣産が終了したとされている。

 過去の遺物として世の中から完全に姿を消したと思われた“ニキシー管”に転機が訪れたのが2011年のこと。“ニキシー管”のやわらかな火色の光の魅力に魅了されたチェコスロバキアのエンジニア、ダリボル・ファルニー⽒が開発を開始。世界にニキシー管を作る工場がほとんどないことに衝撃を受けた同氏は、自ら製造工場を設立し、“ダリボル・ファルニー社”としてニキシー管の製造を復活させたのだ。

 “YATAGALLAS(ヤタガラス)”を開発した“イェーガー・ドクソン”の中野功詞氏(写真左)は、2016年に“ニキシー管”復活のニュースを知ってすぐにチェコスロバキアのダリボル・ファルニー⽒(写真右)を訪問。芸術の域にまで⾼められたダリボル・ファルニー⽒の“ニキシー管”に感銘を受け、その後、独⾃のニキシー管クロックを生み出したというわけだ。


 ダリボル・ファルニー社の“ニキシー管”は、⼀般的な“ニキシー管”と⽐べて、⼀回り以上⼤きさなサイズであることが特徴。電圧がかかると管の中のガスが数字の形に成形された陰極の形に応じて柔らかなオレンジ⾊の光を発するのだが、陰極の周囲がぼんやりと光を放っているため、まるで焚き火を見ているような心持ちで、数字の移り変わりを眺めることができる。筆者は実際に時間を表示する様子を見てきたのだが、なんとも言えない淡い光に一目で魅了されてしまった。

 また、製造時に真空管に封入するガスの分量をコンピュータ制御で微細に調整することで独特の柔らかい火色を実現。さらには、電流の強弱を調整することで光の明るさを調整でき、設置場所のロケーションに合わせた明るさにすることができるのもこだわりと言えるだろう。

 
 台座となる日本製のキャビネット(筐体)には特殊ガラスやマホガニー、無垢のウォルナットなどの高級素材がを惜しみなく採用されており、材料の選定、加工、研磨、塗装、組み立てと、モデル毎に熟練の職人が1点1点手作業で製作。“引き算の美学”を用いたシンプルデザインに仕上げることで“ニキシー管”の魅力を際立たつつ、インテリアクロックとしての高級感を醸し出している。

 

YATAGALLAS(ヤタガラス)
ニキシー管クロック

■YTPB。マホガニー(650×200×187mmサイズ)。385万円

 トップカバーは黒塗装ガラスを使用し、重厚感のある仕上げとなっている。ボディーは深みのある黒の鏡面仕上げ。ガラスの厚み箇所からLEDが光り輝き、夜景の観えるリビングルームやグレーを基調とした部屋でのナイトライフを演出してくれる。

 

■YTPW。マホガニー(650×200×187mmmmサイズ)。385万円

 トップカバーに特殊ガラスを使⽤し落ち着きのある雰囲気を醸し出している。特別仕様として、トップカバーの天板ガラスを⼤理⽯にすることも可能。海の⾒える邸宅やビーチリゾートのインテリアにピッタリと言える。こちらもボディーの素材にはマホガニー材を使⽤している。

 

■YTWD。ウォルナッドウッド(650×200×187mmサイズ)。275万円

 ⾼級ウォルナットの無垢材を使⽤したモデル。⾼級家具と同様の⼿作業で⼀点づつ丁寧に作り上げられリビングルームやオーディオ空間にマッチする。

 

【問い合わせ先】
イェーガー・ドクソン
TEL.03-6874-1955
https://www.yatagallas.com/

オススメ記事

  1. シチズンが新たに発表したスマートウォッチ、“Eco-Drive Rii…

  2. 予算3万円台、編集部:船平のカジュアル時計レビュー/ヴォイドのデジタル…

  3. 【ファン待望!?】ブローバの人気モデル“デビルダイバー”に、ダウンサイ…

  4. 日本に上陸して20年! スイスの高級時計ブランド“BOVET(ボヴェ)…

  5. フェラーリ 250GTOにインスパイアされた、アーティアのレーシングウ…

  6. 【先行発売された北米市場で大ヒット!?】シチズンの最新作“シチズン コ…

  7. 編集部が選んだ買いのダイバーズ7選/U-BOAT(ユーボート)

  8. チャペックの2018年新作発表イベントが開催

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計