【セイコーミュージアム 銀座で展示も】国立科学博物館“未来技術遺産”にクロック3製品が同時登録

 SEIKO(セイコー)の“スパイラル水晶時計 SPX-961”、“音声報時時計ピラミッドトーク DA571”、“超超薄型掛時計 HS301”の3点が、独立行政法人国立科学博物館が認定する2020年度“重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)”に登録された。

 セイコー製品の登録は、2018年度登録の世界初のクォーツ式腕時計“セイコー クオーツアストロン 35SQ”、2019年度登録の世界初の6桁表示デジタルウオッチ“セイコークオーツLC V.F.A. 06LC”に続き、3年連続となる。

(左からSPX-961、DA571、HS301)

 “重要科学技術史資料(未来技術遺産)”は、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ特筆すべき発明や開発品を、世界有数の日本の科学技術の歴史を示す実物資料として、独立行政法人国立科学博物館が登録する制度で、2008年に制定された。

●それぞれの製品について

名   称:スパイラル水晶掛時計 SPX-961
発 売 年:1968年(昭和43年)
特   徴:世界初の家庭用クォーツ掛時計
開発・製造:服部時計店工場精工舎(現・セイコークロック株式会社)
販   売:株式会社服部時計店(現・セイコーホールディングス株式会社)


 水晶振動子を用いた世界初の家庭用クォーツ掛時計として1968年6月に発売された。精度は従来の機械式時計の10倍以上、電池寿命も1年以上を実現。その後世界で広まったクォーツクロックの先駆けといえる。日本では現在は電波時計が家庭用クロックの主力となっているが、これもクォーツ時計を基本として表示時刻の補正を行っており、今なお正確な時刻表示の中心となる技術だ。


名   称:音声報時時計ピラミッドトーク DA571(QEK101)
発 売 年:1983年(昭和58年)
特 徴:時代を席巻したピラミッド型音声クロック
開発・製造:株式会社精工舎(現・セイコークロック株式会社)
販   売:株式会社服部セイコー(現・セイコーホールディングス株式会社)


 当時発展目ざましかったIC技術と、ピラミッドというシンボリックなデザインを生かし、時刻を目で見る表示ではなく、耳で聞く音声で告げるというユニークなクロックとして1983年に海外、1984年に国内で発売され好評を博した。製品化に当たっては、そのデザインを実現するために音声合成IC、CPU、アンプICの3チップの高集積度実装を果たした。その後音質の改良やデザインのリニューアルを重ね、シリーズ累計で100万個以上を販売した大ヒット製品となった。派生製品も多数開発、販売し、なかでも持ち運びしやすいカードタイプの“ポケットトーク”は特に優れた福祉製品として通商産業大臣表彰を受けるなど高い評価を得ている。


名   称:超超薄型掛時計 HS301
発 売 年:1989年(平成元年)
特   長:超薄、超高精度を実現したインテリア掛時計
開発・製造:株式会社精工舎(現・セイコークロック株式会社)
販   売:株式会社服部セイコー(現・セイコーホールディングス株式会社)


 腕時計並に薄く、高性能、低消費電力を目指し、高性能マグネットを含むモーター、高精度超薄型プラスチック歯車、低消費電流ICなどの多岐にわたる開発を行い2.5mmの機械体厚みでありながら、平均年差±10秒以内、電池寿命10年を実現した。この機械体をバーズアイメープル突板(※1)を施した金属外装に組み合わせ、製品厚み9.5mmという世界でも類を見ない超薄型掛時計を実現した。

※1:木材のバーズアイメープルを薄くスライスした素材。

 なお、いずれの認定品もセイコーミュージアム 銀座(東京都中央区)に常設展示される。

 セイコーミュージアム 銀座では、国産初の腕時計“ローレル”や、初代グランドセイコー、そして世界初のクォーツ腕時計“クォーツアストロン”など、ほかにも貴重な時計が展示されている。
 以前は東京・墨田区にあったセイコーミュージアムだが、2020年8月19日に創業の地、銀座に移転し開館されたばかりだ。
 見学方法は以前と同様に予約制。以前墨田区にあったミュージアムに訪れたことがある読者も、新たに展示物が加わり、生まれ変わった新生セイコーミュージアムを改めて訪問してみてはいかがだろうか。

■セイコーミュージアム 銀座について

 セイコーミュージアム 銀座は、時と時計に関する資料を世界中から収集・展示し、時に関する研究を行っている。館内では、日時計から始まる世界の時計史をたどることができるほか、東洋の時計王と称されたセイコーの創業者・服部金太郎の創業精神やセイコーの歴史を学ぶことができる。
所在地 :〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目3-13 セイコー並木通りビル
電話 :03-5159-1881
開館時間 :10:30~18:00(入館無料、要インターネット予約)
休館日   :月曜日、年末年始
予約方法 :公式サイトより事前の予約が必要。
https://seiko-museum.resv.jp/reserve/calendar.php?x=1597732959
※電話での予約は受け付けていない

【問い合わせ先】

セイコーウオッチお客様相談室
TEL:0120-061-012
セイコーミュージアム 銀座 公式サイト
https://museum.seiko.co.jp

オススメ記事

  1. 世界記録挑戦を支えたエドックスの限定モデルが販売開始

  2. ドイツの時計ブランド“ドゥッファ”からバウハウス100周年記念モデルが…

  3. ユリス・ナルダンからダイヤモンドをモザイクのように装飾したハイジュエリ…

  4. 新作時計を価格別に紹介!【10~30万円②】

  5. HAMILTON(ハミルトン)のロングセラー“ボルトン”に待望の手巻き…

  6. 【5万円前後でこの満足感! 】 フランスの古豪、“イエマ”から登場した…

  7. 【G-SHOCKとセイコーが上位を独占!?】忖度なし、読者が選ぶ欲しい…

  8. アクティブな女の子のための新作ウオッチがロキシー×BABY-Gから新登…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計