ドイツ・グラスヒュッテの伝統技術を堪能する。ノモスの新作限定モデルは必見

 高い開発力・技術力を世界に見せつけ、いまではその優れた完成度から実力派ブランドとして広く認知されている“NOMOS GLASHÜTTE(ノモス・グラスヒュッテ)”。

 1845年にドイツ・ザクセン州の山間に位置するグラスヒュッテに時計産業が興り、175年を経て、この街での時計製造技術は高い評価を得るに至った。

 そんなグラスヒュッテの伝統技法をふんだんに盛り込んだ細密仕様でありながらステンレススチールケースを採用し、デイリーユースにも最適となった、新作“ラムダ グラスヒュッテ時計産業175年”が登場。モデル名の“Lambda(ラムダ)”とは、数学で言う“本質的価値”に由来し、不変の価値を意味する。

 深みをあたえるエナメル調の文字盤を備え、サファイアクリスタルガラスがその効果を一層引き立てている。ポリッシュ仕上げされたケースサイドから裏側への造形は、絞り込むようなカーブを描き、ラグもまたケース同様弧を描いている。

 文字盤上に配されたパワーリザーブインジケーターでは、およそ84時間、3.5日分のゼンマイ残量を表示する。

 搭載されたキャリバーDUW1001もまた特別なもの。これはDUW(ドイツ時計製品・Deutsche Uhrenwerke)の名を冠した最初のキャリバーとなる。

 キャリバーDUW100は29個のルビーを使用したツインバレル式で、そのうちの六つはグラスヒュッテの伝統的技法を踏襲し、ハンドポリッシュされたネジ留めのシャトンに装着。

 同じくハンドポリッシュで仕上げられたすべてのステンレススチールのパーツには、一つひとつに鏡面仕上げが施されている。

 またラムダの登場以来、グラスヒュッテの伝統技術となっている、丁寧に仕上げられた美しい4分の3プレートの磨きはノモスの時計だけに見られる。

 一方、スクリューバランス(チラネジ付きテンプ)とスワンネック緩急針をもつ調速機構は、歴史のなかにそのルーツがあると言う。

 スワンネック緩急針のバネはテンプ受けの上にセットされており、時計師の手作業によって『グラスヒュッテより愛を込めて』とドイツ語で刻印。この街のもつ豊かな遺産のひとつと言えるのだ。

 

NOMOS GLASHÜTTE(ノモス・グラスヒュッテ)
ラムダ グラスヒュッテ時計産業175年

■(左から)Ref.NM960.S1。Ref.NM960.S2。Ref.NM960.S3。すべてSS(40.5mm径)。手巻き(Cal.DUW1001)。世界限定各175本。各93万5000円

 

Cal.DUW1001

キャリバー:自社製DUW1001。直径14 1/4リーニュ(32mm)。手巻き。2万1600振動。パワーリザーブおよそ84時間。クロノメーター規格にて調整。

ツインバレル、29石(内6石はゴールドシャトン)、スワンネック緩急針、チラネジ付きテンプハンドエングレービングによるバランスブリッジ刻印、ロジウムメッキ+サンビーム仕上げ3/4プレート、297° パワーリザーブインジケーター

 

【問い合わせ先】
大沢商会
TEL.03-3527-2682
https://nomos-glashuette.com/ja

オススメ記事

  1. セイコーがクォーツウオッチの誕生50周年を記念した3つの限定モデルを販…

  2. 【初代モデルのデザインを再現】自然由来の素材を使ったスウォッチの新コレ…

  3. 【Watches & Wonders 上海 新作速報】A.ラ…

  4. ドイツの腕時計ブランド“STOWA”(ストーヴァ)から、渋谷PARCO…

  5. ドイツ時計、モリッツ・グロスマンが創業10周年で製作した二つの傑作に込…

  6. 世界を席巻する“5スポーツ”が再び! 新生“セイコー 5スポーツ”とし…

  7. メッシとジェイコブがパートナーシップを締結し、限定ウオッチコレクション…

  8. 【綾瀬はるかさんデザイン】大人可愛いセイコー ルキアの新作が登場!

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計