【腕時計が車と一体化⁈】TISSOT(ティソ)が今年もアルピーヌとのコラボモデルを発表

TISSOT(ティソ)とフランススポーツカーメーカーALPINE(アルピーヌ)のパートナーシップは、アルピーヌがALPINE A110と共に参加した1973年の世界ラリー選手権やラリー・モンテカルロ、1978年のル・マン24時間レースのようなタイトルを数多く獲得した1970年代にまでさかのぼる。

以来、強い絆で結ばれたティソとアルピーヌの強力なパートナーシップの証として、今年もALPINE A110のためのクロノグラフウオッチが誕生した。

シリアルナンバー入り、世界限定516本で展開する“ティソ アルピーヌ オン ボード オートマティック”は、新しいALPINE A110Sのパートナーになるべく誕生したオン ボード ウオッチだ。このクロノグラフはドライビングパフォーマンスを向上させる良きパートナーであり、オーナーに特別なドライビング体験と喜びをもたらすべく、細部にまでこだわって開発された。

昨年に続き、今回も“オン ボード ウオッチ”というコンセプトを継承。腕時計の状態からケースを外して、ダッシュボードのマルチメディアスクリーン用フレームに取り付けることで、ドライバーは運転中も腕元に視線を落とすことなく時間を確認できる。
今年はさらに進化を遂げ、新たに専用スタンドを開発。オーナーは腕時計からオン ボード ウオッチへ、そして愛車を離れている時、例えば自宅やオフィスではテーブルクロックとして、いつでもその高精度を身近に堪能することができるようになった。

ムーヴメントには、まるで車のエンジンのように精巧かつ複雑なつくりが美しいValjoux A05. H31を採用。クロノグラフムーヴメントの最高峰とうたわれるValjoux社製のなかでもハイエンドモデルに採用されているこのムーヴメントは、最長60時間のパワーリザーブを誇り、オートマティッククロノグラフとしての完成度の高さを表している。

デザイン面では、ALPINE A110Sのブレーキキャリパーやシートステッチに配された鮮やかなオレンジカラーにインスパイアされ、インデックスやクロノグラフ針、プッシュボタン上のリング、そしてベルトに同様のアクセントを施した。また、時分針やピストン形のプッシュボタン、パンチングレザーレザーベルトなど随所にスポーティなテイストを盛り込んでいる。文字盤には1960年代~70年代にかけて人気を博した、かのBerlinette(ベルリネッタ)のメーターの雰囲気をさりげなく採用している。

【ティソ アルピーヌ オン ボード オートマティック】

Ref.T123.427.16.081.00。SS(45mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.Valjoux A05.H31)。世界限定516本。27万600円※2020年10月下旬発売予定

【問い合わせ先】

ティソ
TEL:03-6254-7361
ティソ 公式サイト
www.tissotwatches.com

オススメ記事

  1. 実は904Lスチールを使ってるって知ってました? SINN(ジン)の人…

  2. 世界初のLED式デジタルウオッチ“ハミルトン パルサー”が半世紀の時を…

  3. 【“私らしく”を叶える】働く女子に向けた新しい“カシオ シーン チタン…

  4. セネタ・エクセレンスの新作

  5. 【自然素材からつくられたベルト!?】スカーゲンの新コレクション、“アー…

  6. MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア)から“アイコン オ…

  7. シチズンから、80年代にヒットしたアナログとデジタル混合モデルが復活!…

  8. “スウォッチ”からトロピカルでエネルギッシュな新シリーズが登場!

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計