【2020年秋冬のトレンドカラー!?】 “グレー文字盤”採用モデルを、30万円以下で厳選しました。

 近年特に文字盤に採用されはじめているグレー文字盤に注目。30万円以下の価格帯で、デザインとクオリティを両立した良作3モデルをピックアップした。

ほどよく個性を主張しつつ、シーンを選ばずに着けられるのがグレー文字盤の魅力

 時間を表示する道具という本来の役割に加えて、ファッションアイテムとしての存在価値が増している腕時計。そうしたニーズの変化にともなって、近年は文字盤に様々なカラーを採用したモデルがラインナップを増やしている。

 定番中の定番であるブラック、ホワイト、シルバーに加えて、ブルー、グリーンなどを文字盤に採用したモデルが2018年から19年にかけて多く発表されたが、20年に新たなトレンドカラーとして注目を集めているのがグレーだ。

 グレー文字盤といえば、ロレックスのヨットマスターのロレジウムがその代表として挙げられるが、今年はロレックスに限らずブライトリングのナビタイマーや、ブレゲのマリーン、パネライのルミノールなど、人気ブランドがこぞってグレー文字盤のモデルをリリース。その人気は高級時計だけでなくカジュアルブランドにも波及しており、幅広い価格帯でグレー文字盤のラインナップが広がっている。

 まだ、一般的にはなじみの薄いカラーかもしれないが、定番カラーとはひと味違う個性を備えつつ、シーンを選ばず着用できる落ち着いた色味であるという点は大きな魅力である。今後、ブラック、ホワイト、ブルーなどと並ぶ新たな定番カラーとなる可能性もあるので、ぜひチェックしておきたい。今回は、30万円以下の価格帯から、おすすめの3モデルをピックアップしてみた。


》編集部のおすすめモデル-其の1
MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア)
アイコン オートマティック

 1990年代にモーリス・ラクロアを代表するモデルとして登場した“カリプソ”を原点にもつモーリス・ラクロアのフラッグシップコレクション。ブレスレット一体形のケース、6つのアームをあしらったベゼルなど、カリプソのDNAを継承したアイコニックな意匠に加え、このモデルは落ち着いたアンスラサイト(濃炭色)カラーの文字盤を採用しているのが特徴。クル・ド・パリ装飾を施し、ゴールドのインデックスをレイアウトしたことで、スポーティーでありつつ、エレガントなデザインに仕上げられている。

■Ref.AI6007-SS002-331-1。SS(39mm径)。20気圧防水。自動巻き(Cal.ML115)。21万4500円

【問い合わせ先】
モーリス・ラクロア(DKSHジャパン)
TEL:03-5441-4515
モーリス・ラクロア公式サイト
https://www.mauricelacroix.com


》編集部のおすすめモデル-其の2
FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)

レイダー・シーキング

 1956年に登場したヒストリカルモデル“シーキング”をベースに、2018年に発表されたファーブル・ルーバの定番コレクション。14角形の風防リングとフルーテッドベゼルを備えたオーバルケース、実用性の高さが大きな四角形のアプライドインデックスなど、オリジナルモデルからレトロな意匠を継承しつつ、文字盤とベルトをグレーで統一することで現代的スタイリングを実現。プロ仕様の300m防水、夜光を塗布した時分針など、デザインと実用性をしっかり両立しているのも魅力だ。

■Ref.00.10107.08.41.45。SS(41㎜径)。300m防水。自動巻き(Cal.ETA 2824-2ベース)。21万4500円

【問い合わせ先】
スイス プライム ブランズ
TEL:03-4360-8669
ファーブル・ルーバ公式サイト
https://favre-leuba.com/jp/


》編集部のおすすめモデル-其の3
MIDO(ミドー)
コマンダー ビッグデイト

 創業100周年を記念して2018年に登場した人気コレクション、コマンダー ビッグデイト。モデル名が示すように、文字盤6時位置ビッグデイト表示を備えており、サンレイ仕上げを施したグレー文字盤とビッグデイト表示のコンビネーションが、個性的でありつつ洗練された雰囲気を醸し出す。文字盤に合わせてヘアライン仕上げを施したケースには80時間パワーリザーブを備えた自動巻きムーヴメント、Cal.80を搭載。デザインと機能を両立しつつ、10万円台という驚異的なコストパフォーマンスを実現している。

■Ref. M021.626.11.061.00。SS(42mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.80)。12万2100円

【問い合わせ先】
ミドー/スウォッチ グループ ジャパン
TEL:03-6254-7190
ミドー公式サイト
https://www.midowatches.com/jp

 

文◎船平卓馬(編集部)

オススメ記事

  1. 【注目モデルを実機レビュー】ラグスポ気分を手頃な価格で、“ディーワンミ…

  2. 世界初のクオーツ式腕時計が「未来技術遺産」に登録!

  3. 【おしゃれなくすみカラーを採用】“10:10 BY NENDO(テンテ…

  4. 【いま話題のラグスポって何だ?】高級ブランドの相次ぐ参入で再注目されて…

  5. 【3Dの多面カットがおしゃれ!】“テンデンス”の秋冬新作コレクションを…

  6. 【セイコー ルキア】ポインセチアをモチーフにした限定モデルが可愛い!

  7. パネライから今年のトレンドカラーの新色“グリーン”を採用したラジオミー…

  8. 【オリエントスター新作は流水がモチーフ⁉︎】メカニカルム…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計