新作時計を価格別に紹介!【100万円オーバー②】

 みなさんは時計を購入する際、どういった点に着目して時計を選ぶだろうか。デザインを重視するのはもちろん、ブランドの歴史的背景や、防水性などのスペックに比重を置いて購入する人も多いだろうが、“価格”という人も少なくないはず。

 この企画では、100万円以上の高級モデルから、10万円アンダーのカジュアルモデルまで、“価格別”に時計を紹介。今回紹介する時計の価格帯は、“100万円オーバー”の第2弾。なお、紹介する時計は、2020年の9月から11月に発売される新作時計に厳選しているため、時計を選ぶ際の参考にしてほしい。

 

H.MOSER & CIE.(H.モーザー.)
ストリームライナー・センターセコンド
 今年の1月に発売されたストリームライナーコレクションの第2弾となる、ストリームライナー・センターセコンドが登場。第1弾がクロノグラフであったのに対し、新作は時計の王道と言える3針仕様だ。機能を絞ったことでケースサイズを2mmダウンサイジングしている。“マトリックスグリーン”と名付けられたグリーンフュメ文字盤は、見る角度によってまるでゴールドのように輝き、このモデルのエレガンスさを引き立てている。
■Ref.6200-1200。SS(40mm径)。12気圧防水。自動巻き(Cal.HMC200)。236万5000円

【問い合わせ先】
エグゼス
TEL.03-6274-6120

 

GRAHAM(グラハム)
クロノファイター スーパーライトカーボン トランスルーセント
 カーボン素材の進化の追求をしてきたグラハムは新たに、赤く着色したエポキシ樹脂と金属化したカーボンファイバーを組み合わせた“ライトウェイト・トランスルーセント・マトリックス(LTM)”素材をケースに採用。新作はムーヴメントを含めても時計全体で100g以下という軽量化に成功している。
■Ref.2CCCK.B41A.K92N。カーボン(47mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.G1790)。148万5000円

【問い合わせ先】
DKSHジャパン
TEL.03-5441-4515

 

PARMIGIANI FLEURIER(パルミジャーニ・フルリエ)
トンダ GT
 従来のドレッシーなスタイルから一転、スポーティなスタイルの新トンダが登場。ケースは2017年にジュネーブグランプリのクロノグラフ部門賞を受賞した、トンダ クロノールを継承。クル・トリアンギュレールギョーシェ装飾の文字盤と、それに呼応するラバーベルトを組み合わせている。
■Ref.PFC910-1500340-X03182。K18RG(42mm径)。100m防水。自動巻き(Cal.PF044)。315万7000円

【問い合わせ先】
パルミジャーニ・フルリエ
TEL.03-5413-5745

 

文◎松本由紀(編集部)

オススメ記事

  1. ドイツ・グラスヒュッテの伝統技術を堪能する。ノモスの新作限定モデルは必…

  2. 北欧ブランドTRIWA(トリワ)から、北欧の夜空に着想を得た新色9モデ…

  3. 【セイコー ルキア】ポインセチアをモチーフにした限定モデルが可愛い!

  4. ランゲ1のアニバーサリーエディション第3弾

  5. 【コスパ最強のドイツ時計!?】カール・フォン・ツォイテンの定番機が、モ…

  6. 【驚愕の3685万円、それでもこれは欲しい!!】名作ロイヤル オークか…

  7. 【ノルマンディ上陸作戦75周年】RALF TECH(ラルフテック)が記…

  8. 【遊び心あふれるスカルデザイン】2020秋冬の新作“ハイドロゲンウォッ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計