新作時計を価格別に紹介!【50〜100万円①】

 みなさんは時計を購入する際、どういった点に着目して時計を選ぶだろうか。デザインを重視するのはもちろん、ブランドの歴史的背景や、防水性などのスペックに比重を置いて購入する人も多いだろうが、“価格”という人も少なくないはず。

 この企画では、100万円以上の高級モデルから、10万円アンダーのカジュアルモデルまで、“価格別”に時計を紹介。今回紹介する時計の価格帯は、“50〜100万円”。なお、紹介する時計は、2020年の9月から11月に発売される新作時計に厳選しているため、時計を選ぶ際の参考にしてほしい。

 

CARL F. BUCHERER(カール F. ブヘラ)
マネロ フライバック
 人気のマネロシリーズのなかでも、よりエレガントな意匠に仕上げられるマネロ フライバック。クールな印象を与えるブルー文字盤に、ソリッドな楔形インデックスとドーフィン針を合わせ、スタイリッシュさを追求している。文字盤と同系色のベルトには、ブランド初の試みとなる“ブルーテキスタイル”ベルトを採用。どんなシーンにも合わせられる、ファッション性に優れたクロノグラフモデルが登場した。
■Ref.00.10919.08.53.01。SS(43mm径)。3気圧防水。自動巻き(Cal.CFB 1970)。96万8000円

【問い合わせ先】
ブヘラジャパン
TEL.03-6226-4650

 

RESERVOIR(レゼルボワール)
GT ツアー スケルトン
 レトログラードミニッツ、ジャンピングアワー、そしてパワーリザーブインジケーターという三つの機構を搭載した、レーシングウオッチ。走行中もパドックの中でも役立つアイテムとして製造された。
■Ref.RSV01.GT/430-02。TI(43mm径)。5気圧防水。自動巻き。91万4100円(予価)

【問い合わせ先】
一新時計
TEL.03-6854-5802

 

SEIKO ASTRON(セイコー アストロン)
SBXC075
 これまでもGPSソーラーウオッチ“アストロン”と“ホンダ”がコラボした限定ウオッチが登場したが、今年も2020年モデルとして新作が発売。今回はホンダの新型電気自動車(EV)、“Honda e”をデザインのモチーフに採用。Honda eの随所に採用されている、円を基調としたアイコニックなデザインを丸みを帯びたインデックスなどを用い、コラボモデルにもデザインしている。
■Ref.SBXC075。セラミック×TI(45.3mm径)。日常生活用強化防水。GPSソーラー(Cal.5X53)。数量限定300本。59万4000円

 Honda eのシート材を換えベルトに、コンソールデッキの木目調がボックスにあしらわれている。また流通は国内限定と、スペシャルなコラボモデルが誕生した。

【問い合わせ先】
セイコーウオッチお客様相談室
TEL.0120-061-012

 

文◎松本由紀(編集部)

オススメ記事

  1. 日本初上陸のブランド“ブレダ”がシンプルで使いやすいコレクションを発売…

  2. 日本未上陸ブランド傑作選/No.17 J.N.SHAPIRO(ジェイ・…

  3. CHOPARD(ショパール)がカーレース“ミッレ ミリア” 開催記念の…

  4. 【もう普通じゃ満足できません!?】思わず自慢したくなる“個性派クロノグ…

  5. 手書き風フォントが人気の“アニエスベー”マルチェロシリーズから、TiC…

  6. 【日本への入荷はわずか!】デンマークウオッチブランドの“スカーゲン”か…

  7. 【ケースバックの“だるま”に願掛け!?】カスタマイズウオッチブランドの…

  8. <セイコー プロスペックス> LOWERCASEモデルに新色が登場

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計