【ファーストコレクションは即完売!?】話題の新上陸ブランド、BALTIC(バルチック)が、レトロ感が漂うGMTウオッチを発売開始!!

 アンティークウオッチコレクターを父にもち、その影響から自身も時計コレクターとなった“エティエンヌ・マレク”氏が2017年に立ち上げたフランス発の時計ブランド、BALTIC(バルチック)。

 2020年に日本に上陸したばかりの同ブランドであるが、GMT機能を搭載した“AQUASCAPHE GMT(アクアスカーフ ジーエムティー)”が早くも発売された。

 GMT機能は1960年代〜70年代に航空会社の長距離飛行パイロットによって使用されたのが始まりだが、今日では象徴的なデザインのひとつとなっている。四番目の針があることでひと目で第二の時刻がわかる24時間形式は、世界中を飛び回る人々に向けて設計された本格的なツールウオッチだ。

 今回発売される新作にはSOPROD(ソプロード)社のスイス製ムーヴメント、キャリバーC125を採用。この自動巻きムーヴメントには42時間のパワーリザーブ、デイト、そしてGMT機能が備わり、品質への信頼性と頑強性、そして最適な精度をもたらしている。

 24クリックの双方向回転ベゼルは、衝撃や傷に対する保護を強化するサファイアインサート素材を採用。またスーパールミノバを施したインデックスを用い、暗闇の中でも簡単に時刻を読み取ることを可能とした。

 ダブルドーム形のサファイアクリスタルとステンレススチールケースには側面のリニアブラッシング仕上げと、上部の円形ブラッシング仕上げをマッチ。あらゆる環境への耐性を備えている。また快適な装着感を実現するべく、すべての手首にフィットするよう7マイクロ調節位置を備えたバックルを開発。

 新作は全部で3モデル。それぞれベゼルのカラー違いでグリーン&ブルー、グレイ&ブルー、オレンジ&ブルーで展開されている。

 それぞれにシリアルナンバーが刻印され、1型200本、合計600本を世界で発売。国内においてはファッションウオッチのセレクトショップ、H°M′S” WatchStore 表参道のみで発売予定だ。

 

BALTIC(バルチック)
アクアスカーフ ジーエムティー

■(左から)Ref.BL-AquaGMT-GR。Ref.BL-AquaGMT-GY。Ref.BL-AquaGMT-OR。すべてSS(39mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.soprod C125 GMT)。世界限定各200本(計600本)。各15万9500円

 

【問い合わせ先】
エイチエムエス ウォッチストア表参道
TEL.03-6438-9321
https://www.hms-watchstore.com/

オススメ記事

  1. ブランド初の自社開発ムーヴメントを搭載する、ボール ウォッチの新作

  2. パリ16区の空気感を表現!アール・ヌーボー様式をオマージュしたユニーク…

  3. ヴァシュロン・コンスタンタンから、特別な“ミッドナイトブルー文字盤”を…

  4. 【腕時計がロボットに変身!?】遊び心のあるインテリアウオッチスタンド“…

  5. 【時計大国イギリスが復活か!?】勢力を拡大する“UKウオッチ”から、注…

  6. 新作時計を価格別に紹介!【30〜50万円①】

  7. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.06】リシャール・ミル…

  8. 【まさかのライスブレス!?】4万円台でコスパも抜群、“スピニカー”の人…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計