【映画『ジョーズ』でも着用!】“ジョーズウォッチ”で知られるアルスタから数量限定モデルが登場

 1946年にニューヨークで設立された“ALSTA(アルスタ)”は、60年代と70年代を通じて精度と堅牢性を兼ね備えたメンズウオッチを生産していた、知る人ぞ知る時計メーカー。

 1度はブランドの幕を閉じていた同ブランドだが、2014年にスイスにて見事に復活。代名詞として、時計好きの間で根強い人気を誇る、“Nautoscaph(ノートスカフ)”、通称ジョーズウォッチ(1975年に公開された映画“ジョーズ”に登場したリチャード・ドレイファスが映画ジョーズの中で着用)を復刻した。

 そして、1970年にノートスカフが初めて生産されてから50年を記念した“ギルトエディション”モデルが発売される。

 ノートスカフの38mmのケース径は変更せず、ベゼルや針に金メッキを採用。ダイバーズウオッチでありながら、ブラックとゴールドのコントラストが効いたクラシックな雰囲気を醸し出している。

 また現行モデルのムーヴメントにはすべてセイコー製を用いているが、新作は復刻後初めてのスイス製キャリバー、SELLITA SW200を搭載。パーツはすべてスイス製で製造されているため、“SWISS MADE”表記を6時位置に配している。

 世界限定100本のみ、記念すべきリミテッドモデルが誕生した。

 

ALSTA(アルスタ)
ノートスカフ ギルトエディション

■Ref.ANSA1970-50TH。SS(38mm径)。300m防水。自動巻き(Cal.Sellita SW200)。20万9000円

 

【問い合わせ先】
イエマジャパン
TEL.03-5875-8810
info@alstawatch.jp
https://www.alstawatch.jp/

オススメ記事

  1. 【フランス空軍との共同開発】YEMA(イエマ)の新作、スーパーマン ア…

  2. たくさんのハートがあふれる、FRANCK MULLER(フランク ミュ…

  3. 国内初! ORIS(オリス)ブティックが銀座4丁目にオープン

  4. クラシックブルーをまとったジンの500本限定

  5. SEIKO(セイコー)、国産鉄道時計90周年記念限定モデルを発売 

  6. 【ケースの中身まで実機レビュー】名機レマニア5100の系譜を継ぐ、“ダ…

  7. 【日本限定】ジャパンウオッチブランドの“タックス”から、周りと差がつく…

  8. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.08】パネライ

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計