【18金ローズゴールド製の自社製針に注目】芸術的な職人技を駆使した、“モリッツ・グロスマン”の最新作

 シンプルでありながら機械的に完璧、という信念を貫くドイツ時計ブランド、“MORITZ GROSSMANN(モリッツ・グロスマン)”は、ブランド初となる自社製18金ローズゴールド針を採用した、“ハマティック・ヴィンテージ”と“ベヌー・トゥールビヨン”の2モデルを発表した。

 両モデルともに見事なゴールド針が際立つブラック文字盤を合わせており、ローズゴールド製ケースが芸術的な美しい仕上げを一層引き立てている。


 モリッツ・グロスマンの時計製作への情熱は、最高の技術で仕上げられる自社製の針に最も表れている。グロスマンの熟練の職人は丸1日をかけて時、分、秒針の3本と、そして同じように時間をかけて“針の目”と呼ばれる、針を留めるブッシュを手仕上げ。

 加えて針製作は、ゴールドの地板からパーツを切り抜くことに始まり、その後ダイヤモンドのヤスリを用いて丁寧な研磨を施していく。

 丸みを帯びた針のフォルムを形作り、表面を滑らかに仕上げるには、非常に高いレベルのスキルに加え、並外れた忍耐力、そして何年にもおよぶ経験が求められる。

 ブランドの針職人は、特徴的で繊細な針のうち、特に仕上げの難しい先端部分においても、常に完璧な出来栄えを追求し続けているのだ。

 

MORITZ GROSSMANN(モリッツ・グロスマン)
ハマティック・ヴィンテージ 18Kローズゴールド針

■Ref.MG-003079。K18RG(41mm径)。自動巻き(Cal.106.0)。世界限定8本。649万円

 表面を磨き上げたBlack-or(ブラック・オア)ダイアルに、スレンダーな18金ゴールド製の針を合わせたハマティック・ヴィンテージは、世界限定8本のリミテッドモデル。針先の繊細な仕上げが、時刻の視認性を高めてくれる。

 ブラック・オアダイアルは手作業で精巧に仕上げられている。濃いグレーであるアンスラサイト色のラッカーを、ジャーマンシルバー製の文字盤に何度も塗り重ね、艶のある鏡面仕上げへと丁寧に磨き上げていく。

 なおブラック・オアの輝きを保つため、文字盤表面には透明のラッカーが塗られている。


 またモリッツ・グロスマンのハマティックはブランドの哲学を表している。実は一般的なローター式ではなく、中央部が大きく開いたハンマーフレームを用いた振り子式自動巻き上げ機構を採用しているのだ。

 先端にゴールド製の重りを組み込んだハンマーフレームは、時計を着けた腕の動きに合わせて左右に揺れ動き、その動力が二つのラチェットホイールを通じて、ゼンマイへと伝わる。

 19世紀の機構にインスパイアされたこのメカニズムにより、ムーヴメントのサイズを最大限に活かしたトルクを得るとともに、非常に高い巻き上げ効率を達成。

 ムーヴメントを覆い隠すことのないハンマーフレームの開口部から、その美しい仕上げを細部まで堪能することが可能に。

 自動巻きキャリバー106.0のすべてのパーツは、表から見えない部分も含め、モリッツ・グロスマン独自のクオリティへと仕上げられている。それにより、世界中の時計愛好家から選ばれるタイムピースが生まれるのだ。

 

ベヌー・トゥールビヨン 18Kローズゴールド針

■Ref.MG-003077。K18RG(44.5mm径)。手巻き(Cal.103.0)。世界限定8本。2552万円

 懐中時計の精度を高めるために開発されたトゥールビヨンは、繊細であると同時に非常に複雑であり、ブランド名である時計職人、モリッツ・グロスマンが目指した時計製作の理念とも結びつく。

 グロスマンのいちばんの関心は、常に時計の正確さにあった。彼の名を継いだ新生モリッツ・グロスマンは、2013年に手巻き式のベヌー・トゥールビヨンを発表した。

 搭載された手巻き式キャリバー103.0は、モリッツ・グロスマンのクオリティの高さを象徴する、非常に精巧なムーヴメントで、新たに開発された機構を多く搭載しており、そのうちのいくつかは特許も取得している。


 最も目を引くのは、6時位置のスリーミニッツトゥールビヨンの大型キャリッジ。これはグラスヒュッテの時計師、アルフレッド・ヘルウィッグのトゥールビヨンにならい、V字型のブリッジを備えた大型ケージを採用しているという。

 さらに、モリッツ・グロスマンの理念に従ってトゥールビヨンの精度をより高めるためにはストップセコンド機構が必須であった。

 加えて、天輪をスムーズに停止させるためには、V字型の支柱を超えてその向こうの天輪までストッパーが届く必要があったため、柔らかなブラシを用いてムーヴメントへ負担をかけず、また正確な時刻調整機構を実現したのだ。

 そんなブランドを象徴するベヌー・トゥールビヨンの新作にも、18金ローズゴールド製の針を採用。繊細な菱形の針の先端はとても細く、モリッツ・グロスマンの仕上げの精巧さを表している。加えて針の美しさが、シルバー無垢製のブラック文字盤の上品な質感をより一層引き立ててくれる。

 

【問い合わせ先】
モリッツ・グロスマン ブティック
TEL.03-5615-8185
https://ja.grossmann-uhren.com

オススメ記事

  1. まるで庭園!? JAQUET DROZ(ジャケ・ドロー)の新作オートマ…

  2. 90年代の人気ブランド“アイクポッド”が復活! デザイン性、品質、手…

  3. 【無駄のない精悍なデザインに惚れる】こだわりの“リバイバル系”ミリタリ…

  4. Seiko Presage(セイコー プレザージュ)の代名詞、“琺瑯文…

  5. 新作時計を価格別に紹介!【10万円アンダー①】

  6. ムーヴはセイコーの自動巻き? SUBARUファン、STIファンならずと…

  7. オリスがリサイクルプラスチックベルトを使用した特別なダイバーズ 65を…

  8. 【まるでジュエリーのよう】ルイ・ヴィトン最新作“タンブール スリム カ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計