【インパクト抜群】コルムのアイコニックなコレクション、“バブル”に新作が登場

 1955年の創業以来、大胆な発想でクリエイティビティあふれる時計製造を行う時計ブランド、“CORUM(コルム)”。

 既成概念に捉われることのない開発姿勢で、ムーヴメントの構造、ケーシング、文字盤デザインなどを再解釈し、美術工芸品を思わせるタイムピースを生み出してきた。

 そんなコルムの代表作ともいえる“バブル”に新作が登場。8月に発売が開始される。

右がサヴァリン・ワンダーマン氏

 コルムがバブルを初めて発表したのは2000年。1960年代に試験的に作られた、巨大な曲面ガラスを持つダイビングウオッチにインスピレーションを受けてデザインされた。

 オーバーサイズのケースに、分厚いドーム型のサファイアクリスタルを風防に採用したデザインは、当時のブランドオーナーであったサヴァリン・ワンダーマンが発案したものである。

 その特異なフォルムは時計界に大きな衝撃を与え、瞬く間に熱狂的な人気を集めた。

 そして2021年、このアイコニックな時計の誕生とバブルを生みだした偉大な人物に敬意を表し、バブルを有名にしたのと同じ特徴的な要素をもたせつつ、現代的でクリエイティブなタッチを加えた限定モデルを製作。


 当時発表されたコレクションのなかには、生と死、そして“ディア・デ・ムエストル”という、故人を楽しく偲ぶラテンアメリカの祝日をコンセプトに、スカルモチーフを文字盤に配した時計があった。

 新作のBubble 47 X-Ray(バブル 47 エックスレイ)は、そんなバブルのルーツに敬意を表し、高度にデザインされたリアルなスカルモチーフを文字盤の中央に配置。

 巨大なドーム型のサファイアクリスタルが盤面をわずかに歪ませるが、暗闇において発光するため、昼も夜も問題なく時刻を確認することができる。なお暗所ではスカルがグリーンに発光し、不気味ながらも挑発的なデザインが魅力を放つ。

 ベルトには裏面をラバーで加工したアリゲーター風の合成ベルトに、発光するスカルと同色のネオングリーンのステッチを施している。

 

CORUM(コルム)
バブル 47 エックスレイ

■Ref.L082/04270。SS(ブラックPVD加工、47mm径/18.5mm厚)。100m防水。自動巻き(Cal.CO 082)。世界限定88本。66万円

 

【問い合わせ先】
GMインターナショナル
TEL.03-5828-9080
https://corumwatch.jp/

オススメ記事

  1. ベージュ×ゴールドのニュアンスカラーをまとった、“GARMIN(ガーミ…

  2. 【無骨なクロノグラフはカッコいい】ドイツが誇る実力派 “パイロットクロ…

  3. 【“私らしく”を叶える】働く女子に向けた新しい“カシオ シーン チタン…

  4. 1970年代〜80年代の時計からインスパイア、コスパ抜群のレトロウオッ…

  5. 独立系ドイツ時計、ステファン・クドケ氏のKaliber 1への想い

  6. 【国産初のダイバーズウオッチをリバイバル】セイコープロスペックス“メカ…

  7. ブラック&ホワイトの逆パンダ文字盤に注目、レトロ感を醸す“YEMA(イ…

  8. 【ドイツ時計を深掘り】最新作から見える、ジンの魅力を徹底解説!

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計