【1937年当時のクロノグラフを再現】レトロな外観に現代的なスペックを搭載した“ミドー”の新作に注目

 第1次世界大戦の休戦協定が結ばれた日にジョージ・シャレンが設立した“MIDO(ミドー)”。ミドーとはスペイン語で“私は計測する”を意味する。

 創業以来、ミドーの哲学は見た目の美しさ、信頼性そして機能性を融合したタイムピースを手がけている。最先端の技術革新、高品質な素材、そして卓越したムーヴメントが三つの柱となり、洗練された控えめなデザインは、時代を超えた品質によって支えられ、ファッションや流行にとらわれない永続性をもつ。

 そんなミドーから、1937年に誕生した“マルチフォート マルチクロノ”を再現した、“マルチフォート パトリモニー クロノグラフ”が発売された。

1937年当時の広告

  レトロな外観に現代のテクノロジーを駆使した新作は、ミドーの最も古い、そして最もアイコニックなクロノグラフモデルのひとつである、1937年製のマルチフォート マルチクロノへのオマージュとして製作。

 ノスタルジックで機能的な美しさを備えたこのモデルは、文字盤を覆うサファイアクリスタルガラスや、ケースと同じローズゴールドカラーのレトロな形状の針など、過去を彷彿とさせるデザインを採用している。

 また、マッシュルーム型のプッシュボタンが、時計としての魅力をさらに高めているのも特徴だ。

 展開はブルーサンレイ文字盤タイプ(ローズゴールドPVD加工のケース、ブラウンレザーベルト)と、ブラック文字盤タイプ(シルバーカラーケース、ブラックレザーベルト)、そしてシルバー文字盤タイプ(ローズゴールドPVD加工のケース、ブラックレザーベルト)の計3種類。


 ローズゴールドカラーのPVD加工が施されたステンレススチール製ケースには、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げを交互に組み合わせている。

 またこのクロノグラフの心臓部であるムーヴメントには、現代の技術を駆使し、最大60時間パワーリザーブを実現した、キャリバー60を搭載。魅力あふれる仕様となっている。

 

MIDO(ミドー)
マルチフォート パトリモニー クロノグラフ

■(左)Ref.M0404273604200。26万6200円。(左)Ref.M0404271605200。25万1900円。(左)Ref.M04042473626200。26万6200円。すべてSS(42mm径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.60)

【問い合わせ先】
ミドー / スウォッチ グループ ジャパン
TEL.03-6254-7190
www.midowatches.com

オススメ記事

  1. 【クリスマスギフトに最適】“G-SHOCK×BABY-G”今年のラバー…

  2. 【WLN女子部発】ナビタイマー初! 注目のレディースモデルの新作を見て…

  3. 新作時計を価格別に紹介!【100万円オーバー②】

  4. ドイツの時計ブランド“ドゥッファ”からバウハウス100周年記念モデルが…

  5. 大人買い必至、“G-SHOCK”とトランスフォーマーが合体したSPモデ…

  6. CITIZEN(シチズン)が“Eco-Drive Riiiver(エコ…

  7. 希少なDUFA(ドゥッファ)の日本未発売モデルを、期間限定で特別販売

  8. アンティークウオッチ専門店“ケアーズ”がオリジナルエクステンションブレ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計