新作時計を価格別に紹介!【50〜100万円】

 みなさんは時計を購入する際、どういった点に着目して時計を選ぶだろうか。デザインを重視するのはもちろん、ブランドの歴史的背景や、防水性などのスペックに比重を置いて購入する人も多いだろうが、“価格”という人も少なくないはず。

 この企画では、100万円以上の高級モデルから、手の届きやすい10万円以下のモデルまで、“価格別”に時計を紹介。今回紹介する時計の価格帯は、“50〜100万円”。なお紹介する時計は、2021年の6月から9月にかけて発売される新作時計に厳選している。時計を選ぶ際の参考にしてみてほしい。

 

CUERVO Y SOBRINOS(クエルボ・イ・ソブリノス)
プロミネンテ・ダブルテンポ
 一般的なGMTモデルやワールドタイマーは、30分や45分といった、1時間単位で計測不可能なタイムゾーンでは少々時差が生じてしまう。その点このモデルは、独立した二つのムーヴメントを上下に搭載することで、いかなる場所においても時差に関係なく時刻を示してくれる。
■Ref.1112.1TM。SS(52×30.5mmサイズ)。3気圧防水。自動巻き(上部Cal.CYS5024、下部Cal.CYS 5025)。52万8000円(予価)

【問い合わせ先】
ムラキ
TEL.03-3273-0321

 

CHOPARD(ショパール)
ミッレ ミリア 2021 レース エディション
 往年のクラシックカーの計器盤から着想を得て生まれた、ミッレミリアレース記念限定モデル。ガルバニック加工が施された真鍮製のグレー文字盤によりスポーティさを演出した。また針の先端を赤く塗るほか、ブラックセラミックのタキメータースケールにはホワイトを配し、クロノグラフの視認性も追求。
■Ref.168571-3009。SS (44 mm径)。100m防水。自動巻き。世界限定1000本。95万7000円

【問い合わせ先】
ショパール ジャパン プレス
TEL.03-5524-8922

 

文◎松本由紀(編集部)

オススメ記事

  1. 【3万円アンダーとは思えぬデザイン】“ノーティカ”から“オーシャンビー…

  2. 【これぞ時計界の新勢力】 独自路線を突き進む“フランス時計”、狙い目の…

  3. “究極のトゥールビヨン”も、ついに10作目! コンプリモデルから実用機…

  4. 【ファン必見!】“グレイトフルデッド”の世界観が盛り込まれたニクソンの…

  5. 【待望のブラック文字盤が追加】ダマスコの自社製ムーヴメント搭載のDK …

  6. 【究極のミニマルウオッチ?】“イッセイ ミヤケ ウオッチ”からTiCT…

  7. 【爽やかなライムカラー】“スウォッチ”から“ビッグボールド バイオセラ…

  8. 実は“宇宙に行った初”であったことも知ってました? セイコーが手がけた…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計