【日本を代表するマニュファクチュール】グランドセイコーが2021年度グッドデザイン賞を受賞!

 日本を代表するマニュファクチュールである“グランドセイコー”の“ヘリテージコレクション SLGH005”が2021年度グッドデザイン賞を受賞した。

グッドデザイン賞とは
 グッドデザイン賞は、1957年に旧通商産業省によって設立されたグッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)を継承する、日本で唯一の総合的なデザイン評価、推奨の運動。世界でも有数の規模と実績を誇るデザイン賞として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加するとともに、よいデザインを社会に広める運動としても多くの人びとから支持されている。

 そんなグッドデザイン賞を受賞したヘリテージコレクション SLGH005について深掘りしていこう

グランドセイコー
ヘリテージコレクション SLGH005

■Ref.SLGH005。SS(40mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.9SA5)。104万5000円

 1960年の誕生以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、美しさ、見やすさといった腕時計の本質を高い次元で追求し続け、弛まぬ進歩を重ねてきたブランドであるグランドセイコー。2010年から本格的なグローバル展開を開始し、世界でも数少ない真のマニュファクチュールにしか成し得ない最高レベルの性能と洗練されたデザインにより、世界中で高い評価を得ている。
本モデルは、時の本質に迫るべく匠の手によって組み上げられた革新的なムーヴメントと新たな思想に基づくデザイン、そして製造拠点周辺の大いなる自然からインスピレーションを得た文字盤など、グランドセイコーのブランドフィロソフィーであるTHE NATURE OF TIMEを体現したモデルといえる。

 本モデルに対して2021年度グッドデザイン賞の審査員は「よほど時計に精通していない限り、一見してこの時計の凄さは理解できないであろう。審査においても資料の読み込みと、現物をしっかり見てやっと納得したというのが実情である。この時計の一番の特長である文字盤は、社にゆかりのある白樺林をモチーフにしたもので、日本の風土が持つ奥ゆかしい風景の豊かさを、高い技術力で狙い通りに表現している。また、針などの細部の仕上げも非常に精緻な仕上がりとなっており、それが基本機能である視認性に直結している点も高い評価につながった」とコメントを発表。

 担当デザイナーは「腕時計を装着した際の体感を大切にしながら、最適な形状を一から探りました。薄いムーヴメントを利用して、ケースの重心を腕まわり中心に近づけ、同時にブレスの形状を見直すことで心地よい装着性を実現。更にボックス型サファイヤガラスの活用と、針先端曲げ加工により極めて良好な視認性を確保しました。文字板模様には製造拠点の岩手の白樺美林から着想を得た自然の景観を表現し、見る人の創造性を高めるような魅力を持つ模様となりました。全体のケース造形は再研磨可能な形状を維持しながら、控えめな中にも確かな自信が感じられる表現を目指しました」としている。

 グッドデザイン賞を受賞したこのヘリテージコレクション SLGH005をチェックしてみてはいかがだろうか。

【問い合わせ先】
セイコーウオッチお客様相談室
TEL.0120-061-012
https://www.grand-seiko.com

オススメ記事

  1. 【機械式GMTモデル】“グランドセイコー”から荒野と海洋をイメージした…

  2. 【おしゃれなくすみカラーを採用】“10:10 BY NENDO(テンテ…

  3. 【世界的アーティストの個性を表現】ウブロの最新コラボレーションモデル“…

  4. 黒文字盤よりオススメかも、 メンズ腕時計の隠れた定番“ブルー文字盤”採…

  5. 【無駄のない精悍なデザインに惚れる】こだわりの“リバイバル系”ミリタリ…

  6. ショパールのかつてのアイコンモデルがリバイバル! “アルパイン イーグ…

  7. 【コスパ最強のドイツ時計!?】カール・フォン・ツォイテンの定番機が、モ…

  8. 時計好きは、パンダが大好き!? 時計界で繁殖する“パンダ顔”のクロ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計