美しいトレンブラージュ文字盤をもつ、“モリッツ・グロスマン”の周年モデルは必見

 “MORITZ GROSSMANN(モリッツ・グロスマン)”のブランド創立13周年を記念して製作された、“ベヌー・トレンブラージュ”。

 エングレーバーはビュランと呼ばれる工具の角を地板に押し当て、そのまま前後左右に細かく動かし続ける。この技法はその動作が表すとおり、フランス語で震えを意味する“トレンブラージュ加工”と呼ばれるようになった。
 新作はこのトレンブラージュ加工を文字盤に施しているのが特徴だ。

 文字盤に用いられるジャーマンシルバーは銅、ニッケル、亜鉛の合金であり、アンティークウオッチにも多く採用されている。
 そこに施された立体的なトレンブラージュ装飾が、ヒストリカルな雰囲気をさらに強めている。

 アラビア数字のインデックスとスモールセコンドのスケール、M.GROSSMANNのロゴをアップライトで配置。
 これらは1枚の地板を、インデックスやスケールのラインに沿って彫ることで立体的に形作られている。

 完成までに非常に多くの時間を要するこの装飾は、卓越した技術をもつグラスヒュッテのエングレーバーの手で一枚一枚丁寧に手仕上げされていく。

 またグロスマンを代表する手仕上げされた繊細な針は、古典的な製法で1本ずつ焼き戻されており、ローズゴールドケースにはブラウンバイオレット針を、ステンレススチールモデルにはブルースチール針をそれぞれ組み合わせている。

 美しいトレンブラージュ文字盤の裏側からは、自社製の手巻きムーヴメント、キャリバー100.1の精微な仕上げを鑑賞できる。
 職人による精密な調整を実現する自社製のテンワは、空気抵抗を最小限に抑えるよう設計されており、高い運動エネルギーを保つ。

 文字盤と同じジャーマンシルバー製の支柱構造をもつプレートに、丁寧に面取りされたエッジや、手作業でポリッシュ仕上げが施されたパーツの一つひとつが際立つのもポイント。

 またプレートに筆記体で手彫りされたブランド名は、モリッツ・グロスマン自身が製作した懐中時計へのオマージュ。テンプ受けとガンギ車受けにも、花模様のエングレービングが施されている。

 角穴車の三段のサンバースト仕上げ、軸受けに用いられるホワイトサファイア、そしてゴールド製のシャトンとそれを留めるブラウンバイオレットカラーの平型ネジなど、ムーウメントの隅々にまで、モリッツ・グロスマンの職人による繊細な手仕事を見ることができるのだ。

 

MORITZ GROSSMANN(モリッツ・グロスマン)
ベヌー・トレンブラージュ

Ref.MG-003290。K18RG。682万円(ブラウンバイオレット針)

 

Ref.MG-003327。SS。506万円(ブルースチール針)

■共通スペック/41mm径。手巻き(Cal.100.1)

 

【問い合わせ先】
モリッツ・グロスマン ブティック
TEL.03-5615-8185
www.grossmann-uhren.com

オススメ記事

  1. 勝手に実機でインプレッション【3回】ノモス・グラスヒュッテ

  2. ランゲの新作“オデュッセウス”の真価を探る【Vol.03】

  3. 【鮮やかなブルーが美しい】セイコー“1965 メカニカルダイバーズ 現…

  4. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.09】H.モーザー

  5. 【星空を表現したアベンチュリン文字盤】“ピアジェ”から新作アルティプラ…

  6. セイコーの伝統工芸“愛”がスゴすぎる、“プレザージュ”から発売された有…

  7. 【オーロラをイメージした時計】北欧デンマークのウオッチブランド“ベーリ…

  8. “20万円以下”で買える、メンズウオッチ売れ筋BEST10-本当に売れ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計