【あのオシアナスに角形モデルが登場】滑らかなフォルムにブランドカラーのブルーが映えるカシオの最新作3モデルをチェック!

 “Elegance, Technology”をブランドコンセプトに、先進のテクノロジーとスポーティデザインを併せ持つOCEANUSのクラシックラインに、待望の角形モデルと人気のOCW-T4000にコードバンベルトを追加したバリエーションモデルが発表されたため、その詳細をお伝えしていく。

OCW-T5000

■TI(47.4×38.2mmサイズ)。10気圧防水。タフソーラー。16万5000円

OCW-T5000C

■TI(47.4×38.2mmサイズ)。10気圧防水。タフソーラー。15万4000円

 角形のケースが特徴的なソリッドな電波ソーラーモデル。
 外観は、滑らかなフォルムを意識したケース形状を採用。質感を高めるため細かく磨き分けを行っているため、仕上がり非常に良好だ。ブランドカラーであるブルーを見切り板に取り入れたケースとブレスの質感を引き立てるシンプルな文字板デザインが最大の特徴と言えるだろう。ダークブルー蒸着とさりげなく見える縦ストライプ模様を文字盤にデザインしているのも見逃せないポイントだ。チタンブレスモデルのOCW-T5000とベルトにコードバンを採用したOCW-T5000CLの2種類のバリエーションがラインナップされている。

OCW-T4000CL

■TI(42.8mm径)。10気圧防水。タフソーラー。10万4500円
 OCW-T4000CLはシンプル&ソリッドなデザインで好評のOCW-T4000のベルトにコードバンを採用したモデル。
 
 両モデルともに機能面では、標準電波受信機能による時計単体での時刻修正に加え、Bluetoothを利用したスマートフォンリンクによる時刻修正機能を搭載。スマートフォンが近くにあればボタン操作なく接続し、時刻を修正。
 世界中で正確な時刻を取得できる先進の時刻修正システムとなっている。これにより、ワールドタイムの時刻設定を約300都市から簡単かつ直感的に設定することができ、自動でタイムゾーンやサマータイムの変更に対応することができる。海外旅行や海外出張で世界を駆け回る人たちを快適にサポート。また、スマートフォンで時計の電池残量の確認や針位置補正を行うことが可能で、デジタルテクノロジーによって時計のコンディションを管理することができるのだ。
 また、12時間計のインダイアルでワールドタイムを表示するデュアルダイアルワールドタイムを搭載。ホームタイムとワールドタイムの2都市の時刻を同時に見ることが可能。熟練の技を要するザラツ研磨、チタンカーバイト処理によるケース、ブレスの表面硬化など細部に至るまで上質な仕上げが施されている。

 このオシアナスの新しい時計をチェックしてみてはいかがだろうか。

 

 

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室
TEL.03-5334-4869
https://www.casio.com/jp/

オススメ記事

  1. 【本当に売れた時計なんでもランキング2019】スポーツウオッチ売れ筋B…

  2. 【日本未上陸ブランド】なんと厚さ6.8mmなのに、200mの本格防水!…

  3. 【ブランド初の1000m防水ダイバーズ誕生35周年記念】“セイコー プ…

  4. バーゼルワールド 2018

  5. 【太陽のめぐりを表現】“タックス”からユニークなデザインの時計が発売!…

  6. バーゼルワールド2018<シャウボーグ②>

  7. 【地球に優しい素材を使用した腕時計】“スカーゲン”からサステナブルなコ…

  8. 【1万円台でコスパも抜群】“アップルウォッチ用交換ベルト”、ベルト専門…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計