【淡いブルーが印象的】”セイコー プレザージュ“から”淡瑠璃染(うするりぞめ)”を表現した限定モデルが発売!

 伝統文化として今も深く日本人の生活に浸透している有田焼。1616年に誕生して以来400年もの長きに渡り、その職人技と芸術性は多くの人を魅力している。
 そんな有田焼の長い歴史のなかで育まれ、今なお伝承される“淡瑠璃染(うするりぞめ)”の色調を文字盤で再現した”セイコー プレザージュ“の限定モデルの詳細をお伝えしていきたい。

セイコー プレザージュ
プレステージライン 有田焼ダイヤル 限定モデル

■Ref.SARW061。SS(40.6mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.6R27)。世界限定2000本(うち国内400本)。22万円(2022年1月14日発売予定)

 本モデルは、有田焼の長い歴史の中で育まれ、今なお伝承される淡瑠璃染(うするりぞめ)の色調をダイヤルで再現した時計。淡い瑠璃の色彩と艶やかな透明感が、磁器特有の造形を際立たせ、有田焼でしか味わえない表情豊かな美しさが実感できる。

 艶やかな磁器の魅力を表現するセイコー独自の有田焼文字盤は、複数の曲面を組み合わせた造形の立体感と共に、腕時計としての耐久性を実現するため、長い研究開発期間を要したという。日本が世界に誇る伝統と技術が融合したこの有田焼文字は、従来の4倍以上の強度をもつ高強度の磁器素材を用いることで、耐久性に関しても申し分のないスペックを実現した。さらに超高精度の鋳型による鋳込み工程を経て、1300℃の高温で焼成し、その後、施釉と複数の焼成を重ねるなど、難易度の高いプロセスを経て完成させている。

創業190 年の老舗”しん窯“に所属する陶工である橋口博之氏

 高い品質が求められる文字盤は、創業190 年の老舗”しん窯“に所属する陶工である橋口博之氏監修のもと制作。

 数量限定の証として、裏ブタにはLimited Editionの文字と0001/2000〜2000/2000のシリアルナンバーが記されているのも見逃せないポイントだ。また、シースルーバック仕様のため、機械式ならではのムーヴメントの動きを視覚的に確認できるのもユーザーにとってうれしいポイントと言えるだろう。

 この日本の伝統文化と時計製造を見事に融合させた最新作をチェックしてみてはいかがだろうか。

 

 

【問い合わせ先】
セイコーウオッチお客様相談室 TEL.0120-061-012
https://www.seikowatches.com/

文◎川田健人(編集部)

 

 

【関連記事をさらにチェック!】
日本の美しい海をダイアルカラーで表現したセイコー プレザージュの新作【話題の国産ウオッチを本音レビュー|Vol.24】

【話題の国産ウオッチを本音レビュー|Vol.10】セイコー プレザージュ シャープエッジドシリーズ GMT

“セイコー プレザージュ”初となる、琺瑯文字盤のレディースモデルがほしい!

オススメ記事

  1. 【バーゼル2019】アーティア史上最高の“グランドコンプリケーション”…

  2. 【わずか数日で目標金額1000%】俳優・木下ほうか氏が語るオリジナル機…

  3. 【1000mもの防水性を確保!?】“エドックス”から、スタイリッシュな…

  4. 【幻想的な冬景色である垂り雪を表現】“グランドセイコー”から新たな限定…

  5. 【セラミックケースで3万円台!?】ファッションウオッチブランド、“ムー…

  6. 【60万円台でこのクオリティー】“ノモス グラスヒュッテ”の最新スポー…

  7. 【大人から圧倒的な支持を集める】メタル系G-SHOCK(ジーショック)…

  8. クラシックな趣を醸し出す、H.モーザーの最新ヘリテージ ブロンズ“SI…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計