カジュアル時計 製品情報

【3万円台で購入できる復刻モデル】誕生100周年を迎えたアメリカのウオッチメーカー“ベンラス”からオリジナルのデザインを継承したリバイバルモデルが発売!

 BENRUS(ベンラス)は、1921年にニューヨークで設立されたウオッチメーカー。同社を一躍有名になったのが、政府御用達として軍用時計を生産したベトナム戦争である。第二次大戦後の急激な景気回復、需要の拡大の波にも乗り、機械の調達に苦しむメーカーが多いなか、ベンラスを立ち上げた当初から使い続けたスイスメーカーとの太いパイプのおかげで、その需要を一気に飲み込んで急成長を遂げた。一時はアメリカの3大メーカーの1つになるほどの勢いを見せたほどであったという。

 その後、米軍はベンラス社とMIL-W-50717の軍事契約を結び、特に秘密作戦のための新しいダイバーズウオッチの設計および製造を依頼。同社は米軍のニーズに応えてTYPE I, TYPE IIを設計し、1972年頃から1980年まで製造。TYPE I はベトナム戦争中、UDT(水中破壊工作部隊)、ネイビーシールズ、CIAエージェントおよび深海潜水や特殊部隊の現場の特殊工作員に提供できる非常に堅牢な時計となり、これまでに製造された中で最も優れた米軍のダイバーズウオッチのひとつと言われている。
 タイプIIモデルは、タイプIと組み合わせて製造され、現場の兵士やオペレーターにより適した12/24時間のダイヤルを備えており、一般に販売されることはなかった。ケースのデザインは、モノコックケースを選択。ドーム型のクリスタル、針、文字盤を外すことで、ムーヴメントにアクセスすることができる構造となっていた。この設計により、時計の耐久性が大幅に向上したと言われている。

 そして、今回このTYPE-I, TYPE-IIのデザインを踏襲した復刻モデルが発売されるため、その詳細をお伝えしていきたい。

TYPE-I

■SS(42mm径)。10気圧防水。クォーツ。各3万3000円
 TYPE-Iは1970年代、米軍のUDT(水中破壊工作部隊)、CIAエージェント、ネイビーシールズ、および深海潜水や特殊部隊の現場の特殊工作員に提供できる非常に堅牢な時計として、製造された由緒あるミリタリーウオッチ。当時の資料(MIL-W-50717)をもとに可能な限り、忠実に復刻した。

TYPE-II


■SS(42mm径)。10気圧防水。クォーツ。各3万3000円
 TYPE-II SILVERは1970年代、米軍用にTYPE-Iとともに開発され、現場の兵士やオペレーターにより適した12/24時間の文字盤を備えているのが大きな特徴。こちらも当時の資料をもとに忠実にデザインを再現している。

 両モデルとも、オリジナルモデルは自動巻きだが、復刻にあたってクォーツへと変更されているようだ。筆者個人の意見ではあるが、ぜひ次はこのデザインで機械式モデルをお願いしたいところ。
 しかし、このアンティークテイストのデザインは非常に良好で、取り扱いのしやすいクォーツモデルかつ、3万円台前半という価格はユーザーにとって大きなポイントと言えるだろう。


また、ドーム型のクリスタルガラス風防がより当時の雰囲気を醸し出している。クォーツモデルのため、機械式モデルに比べてケースの厚さも抑えられているようだ。

 加えてナイロンベルトを採用したことで、ミリタリーテイストもしっかりと演出しているのも、見逃せないポイントだ。

 この新しい復刻モデルをチェックしていみてはいかがだろうか。

【問い合わせ先】
マーサインターナショナル
TEL:03-5541-0170

文◎川田健人(編集部)

-カジュアル時計, 製品情報
-