国産時計 製品情報

【新作時計ニュース】“セイコープロスペック”から1969年のヘリテージモデルのカラーを進化させたクロノグラフモデルが新登場!

 “セイコー プロスペックス“のクロノグラフコレクション“スピードタイマー”から、1969年のヘリテージカラーを活用し、判読性を進化させたレギュラーモデルを2022年9月9日(金)より発売する。

1969年当時のスピードタイマー

 1969年、セイコーは世界で初めて垂直クラッチを搭載した自動巻きクロノグラフ“スピードタイマー”を発売。垂直クラッチ採用による、スタート、ストップ時の指針ずれや針飛びを抑制し、耐衝撃性も向上するなど、非常に優れた計時精度を実現しクロノグラフの歴史に大きな足跡を残した。

 そんなヘリテージモデルを象徴するカラーであるブルーとレッドを現代的にアップデートし、最新のクロノグラフモデルの文字盤カラーとして採用した。

セイコー プロスペックス> スピードタイマー メカニカルクロノグラフ

■Ref.SBEC017。SS(42.5mm径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.8R46)。35万2000円(2022年9月9日(金)発売予定)

 本作は、1969年発売のスピードタイマーと同様に、計時計測に求められる判読性を追求、視認性に優れた“ブルー×レッド”のカラースキームを踏襲し、現代的に進化させた。角度により深いネイビーから鮮やかなブルーへと移り変わるブルー文字盤に対し、サブダイヤルと外周の秒クロノグラフ目盛りをホワイトで区分し、計測時の判読性を高めている。

 赤く配色したセンタークロノグラフ針と9時位置の分積算針により、誤読を防ぎ、ダイヤル外周部にまで届くセンタークロノグラフ針は、目盛りとの距離を限界まで近づけるため、先端部が曲げられ、判読性を極限まで追求。暗所でも時刻を読み取ることができるよう、時針と分針、インデックスの一部にルミブライトを塗布している。

上面が広くフラットな形状のプッシュボタンは、確実かつ正確な作動を可能とする優れた操作性を確保。また、最適な厚みと駒のピッチを追求したメタルブレスレットは、重心を下げたケースの安定感と相まって高い装着性を実現している。

次のページへ >

-国産時計, 製品情報
-,