小スライド 新作時計ニュース

【世界限定1500本】「風の谷のナウシカ」× セイコー プレザージュのコラボ時計

セイコーウオッチは、日本の美意識を体現するウオッチブランド“セイコー プレザージュ”から、スタジオジブリ作品の「風の谷のナウシカ」にインスピレーションを受けた数量限定モデルを3月8日(金)より国内、海外で順次発売する。

セイコー プレザージュとスタジオジブリが大切にしている“日本の真摯なもの作り”という思想に基づいたコラボレーションは、今回で第三弾となる。

1984年に公開された不朽の名作「風の谷のナウシカ」は、“火の7日間”と呼ばれる戦争で巨大産業文明が滅亡してから約1000年後の世界を舞台に、風の谷の族長の娘でありながら蟲と心を通わせ自然とともに生きる少女、ナウシカを主人公にした物語だ。

戦争後の汚染された大地には、異形の生態系“腐海”が拡がり、人間同士の争いも激化する中、人間と蟲、腐海との共存を願い立ち上がるナウシカ。彼女の愛と勇気に溢れた本作品は、公開から40年たった今も世界中で愛されている。


映画のワンシーンがプリントされたスペシャルボックスには、宮﨑駿監督からのメッセージ「時間にしばられずに生きましょう」が表記されたカードが付属。

 

【セイコーと「風の谷のナウシカ」のコラボレーション限定モデルをもっと見る】

本作は、作中でナウシカが使用した、近代の工業製品では見られない、どこか優しく温かな印象を持つ緻密な道具や機械からインスピレーションを受けたデザインが特徴となっている。全体から直線を排した丸みのあるデザインに仕上げており、ケースはヴィンテージ風の加工を施すことで使い込まれた道具感を演出しつつ、日常使いの擦り傷や小傷から守るためにセイコーが独自に開発した表面加工技術“ダイヤシールド加工”が施された。

また、ナウシカが作中で着用している青い服と同じ色合いの文字盤は、琺瑯(ほうろう)職人である横澤満氏監修のもとに生み出した、柔らかい光沢と温かみのあるブルーの琺瑯で作られており、6時位置には、服に描かれた紋章をデザイン。木の葉のような形状の時分針は文字盤に映えるホワイトカラーで、分針を長くすることで、時刻の判読性をさらに高めている。時を刻み続ける秒針はゴールドカラーに仕上げ、文字盤にアクセントを加えている。

シースルー仕様の裏ブタからはゴールドカラーのローターがゼンマイを巻き上げる様子が楽しめる。ガラス部には、腐海の深部から植物が芽生え、地球が浄化されていくことを暗示する作品のラストシーンと、風の谷の言い伝えである“Clothed in blue robes, descending onto a golden field.(そのもの青き衣をまといて、金色の野に降り立つべし)”の文字が記されている。



グローブを着けたナウシカがこの腕時計を使用することをイメージし、操作しやすい大きなリューズが採用されたのもポイントだ。リューズ側面には、作中に登場する“王蟲(オーム)”の眼をモチーフにした、ブルーのガラスをあしらっている(ちなみにレザーベルトの内側にも“王蟲”を刻印!?)。

本作には、セイコーの高性能メカニカルムーヴメント、Cal.6R55からカレンダー機能を取り除いた新ムーヴメント、Cal.6R51が搭載された。約72時間のパワーリザーブを有するため実用性にも優れる。

 

【問い合わせ先】
セイコーウオッチお客様相談室
TEL.0120-061-012


 

文◎Watch LIFE NEWS編集部

 

【そのほかの記事もチェック!】

■【セイコー アストロン限定4モデル】デザインモチーフは“明けの明星”

■【セイコー × フェンダー ストラトキャスター】70周年記念モデルが発売開始!

■【グランドセイコー、アニバーサリー限定モデル2種】絶妙な配色の文字盤に注目

次のページへ >

-小スライド, 新作時計ニュース
-, , ,